(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 08日

娘を嫁に出すような…

作品がつぎつぎと出来てきて、額縁に納まり始めています。
油彩画の額縁はキャンバスのサイズに調製した物ができあがっていますので、水彩画のようにマットの色やサイズを指定すると言うようなプロセスがありません。次々と機械的に画面と調和する額縁に押し込んで(?)行きます。
この作業がなんとも言えない気持ちなのです。
ひと言で言うのは難しいのですが
「寂しい…」
と言うのが一番ぴったりするようです。
f0019379_3273546.jpg冬の銭函海岸(F15)


描いているうちはああしようこうしようと苦しくもありそれが生き甲斐でもあるのですが、作品が出来てくると額縁に納まり、作品として一人歩きし始めるのです。
同時に作家の手から離れて行くことが宿命です。
もちろん、作品が個展で売れることは考えていないのですが、個展会場に上品に並べられると、そこに筆を加えると言うことは少し無理なわけで、その時点ではすでに始まったショーに舞台監督があれこれ指示を出せないのと同じ事ではないでしょうか。

先輩画家は、個展会場で、落ち着いてお客様を迎えている姿を拝見しますが、自分がいざその立場になることを考えると、作品が最早自分の手の中にある存在ではなく、製品として厳しい批評にさらされることになると思うと「がんばれよ。一番美しく見せるのだぞ」と声をかけたくなります。

自分は子供が居ないのですが、自分の魂を作品に込めただけに少しでもほめられるようにしっかりがんばれよと言いたくなります。

作家が皆このように感ずるかどうかは分かりませんが、私は最近寂しい気分の日々を送っています。
[PR]

# by kotendesky | 2006-01-08 03:31 | 冗舌亭日乗
2006年 01月 02日

美術関連のLINKです

北海道立近代美術館

市立小樽美術館

札幌時計台ギャラリー

個展deスカイホール<--セントラルブログ内のスカイホール開催情報

STVエントランスアート<---STV北2条ビルエントランスで開催されるホットな個展

北海道美術ネット<--梁井朗さんの美術コラムと情報満載

北海道を彩るアーティスト<--元札幌タイムス五十嵐 恒さんのブログ

アートスペース201<--akagiさんの情報満載ページ。展覧会に役立つ情報など優れもの

チーコのしっぽ<--ハスキー好きのMy wifeのHPです 私の個展作品も掲載

竹津 昇 水彩の旅<--道展、水彩連盟準会員、一線美術会員の水彩作家

蔡國華さんのHP

金井画廊さんのHP

TAKUMIの画室<-- 一線美術会員、新道展会友 湯淺工さんのHP

真鍋敏忠アートギャラリー<---道内をくまなくスケッチしている水彩作家

カフェ&ギャラリー北都館ーーー西区の「カフェ北都館」ギャラリーも充実

ギャラリーユリイカ・メモリアル<--ギャラリーユリイカは閉廊しました。


小樽ジャーナル

観光文化情報ステーション
[PR]

# by kotendesky | 2006-01-02 01:49 | 美術関連のLINKS
2005年 12月 16日

小道具の話「筆、器具を選ばず」の巻き

f0019379_1524299.jpg
f0019379_1525352.jpg
f0019379_153347.jpg
筆は、平筆として、地塗り用豚毛、日本画用軟毛、塗装用ぼかし用途刷毛、普通の豚毛などを主に使います。このほかにローラーなども使いますがあくまでも部分に使用して平筆の中間くらいの堅さのもので押さえます。
時として揮発油を油差しで点滴のように絵の具に直接垂らします。そのようなときはデザイン用を使います。大量の地塗りをするときは調合油をオイル差しに入れて使います。オイル差しは溶け出しますので使うときだけ油を詰めます。
高校時代から使っている絵の具箱はほとんどあけることがありません。普段はプロ用絵の具の化粧箱と店でくれる3本入りの箱を積んでいます。結構これで感じはよいです。
[PR]

# by kotendesky | 2005-12-16 02:01 | 冗舌亭日乗
2005年 12月 16日

画用液の話

f0019379_1453341.jpg普段何気なく使っている画用液ですが、私は主に次の調合画用液を薄めたりして使っています。
スペシャルペインティングオイル
スペシャルルソルバン
ペインティングオイル
クイックドライイングメディウム
の4種類をターペンタイン(テレピン)や低臭ぺトロールで4分の1や2分の1などに希釈します。
ダンマルなど天然樹脂ワニスを加えたものは柔らかい絵肌になりますしペインティングオイルのように乾性油だけを調合したものは表面のつやが消えたような肌になります。
さらにそれらの原液をその場で薄めたりして艶や表面の堅さを意図した作画をします。
一見複雑そうですが、慣れると乾燥後の予測が出来るようになります。
普段はあらかじめ希釈したものを作っておき、簡単に使えるようにします。ただし希釈液は1週間くらいで使い切るようにしないと揮発油成分が蒸発して所期の効果が出ません。その場合は揮発油(ターペンタインや低臭ペトロール)で適宜薄めます。f0019379_1443331.jpg
いわゆる油壺は使わず、皿やガラスの小瓶を油入れに使っています。皿は幅広い刷毛状のブラシを多用するので便利です。ガラス瓶はジャムの小瓶ですが単体で洗えるのできれいに維持できます。油が汚れるのは絵の具の発色を悪くしますので、汚れたり粘性が出たものは作画中でも交換します。
[PR]

# by kotendesky | 2005-12-16 01:47 | 冗舌亭日乗
2005年 12月 14日

個展のご案内です

2006年3月7日(火)から12日(日)毎日10時から18時まで最終日は17時終了。
場所は大丸藤井セントラルスカイホールノーザンギャラリーに決定。
出品作品は30号の油彩作品を中心に20数点になる予定です。
長かった二年間です。
セントラルスカイホールのURLはこちら
[PR]

# by kotendesky | 2005-12-14 01:48 | 個展やGRP展の予定
2005年 12月 14日

出品予定作品

こんな感じです(05年12月13日現在)
f0019379_0292074.jpg

f0019379_0303682.jpg

f0019379_0305569.jpg

f0019379_0311289.jpg

f0019379_0313024.jpg

雑然としていますが、アトリエ(スタジオ)の様子もご覧ください。
実際のギャラリーを下見してきましたが、パソコンでシミュレーションしたより作品数が多く必要な感じです。
また、壁面が地味なので額縁も派手目の方が壁面にメリハリがつくようです。
[PR]

# by kotendesky | 2005-12-14 00:33 | 予定作品
2005年 12月 14日

ただいま制作中(05年12月13日)

f0019379_0252584.jpg
制作中の筆者(少し焦っている)
f0019379_0261922.jpg
珍客登場(愛犬のご訪問でした)『なんだなんだこの変な臭いは。クシュン、クシュン。』
[PR]

# by kotendesky | 2005-12-14 00:27 | (七転八倒)制作記!
2005年 12月 13日

案内はがき発注

市内のDM専門のデザイナーさんに無理を言ってはがきを発注しました。
以前、市内のギャラリーさんでお仕事をなさっていた方です。
小生の写した作品写真があまり良くないので、現在他の方法を模索中です。
前途多難だなあ。
[PR]

# by kotendesky | 2005-12-13 19:10 | 最新情報