(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 13日

木嶋論(3) 終章

≪終章≫

ここまで書いてこの原稿を中断していたら、この秋に精神科医である上司との面談で、絵画制作の作業とは何かを話す羽目になった。そこでは自分の持っている形や色や空気感を認知することとそれを認知させることがシンクロすれば多くの人に作家が訴えかけられるのではないかという持論を展開した。これは自分が絵画の制作を通じて感得した境地であり、現段階で最も自分ではぴったり来る説明である。
ものを認知するという根元的な精神活動が結局は絵画という平面構成を見せるという行為に連動するものだということである。それはあたかも視覚を通じてバーチァルにそこにまさに存在していることを触れて確かめたかのように脳が錯覚して認知することを目指しているのである。
精神科医と話をしていて、多面的な現代社会において統合失調とは何かという感覚に包まれた。古典的な視覚と違い、現代は触覚、嗅覚、味覚や聴覚までもが再現されて経験されると統合するという行為は必ずしも普通のいわゆる正常なことではない。むしろ統合することの困難さの方が際だつのではなかろうか。
木嶋の一番弟子と言って良いであろう澤田範明(道展)は作品の肝をatmosphere(=雰囲気?)と端的に括って言うが、その考え方もまたこの観念的皮膚経験からの説明によって成り立つものだろう。

渡辺貞之(全道展)は、美術ペン137(2012年/SUMMER)の巻頭において、つぎのように述べている。
『…意識して「観る」うちに、何か強く一つの方向に引っ張られていく、つまりそこに目に見える事実的現象から、しだいに離れていく思いになります。セザンヌはそのことを「仮象」と呼びました。(後略)』
さらに
『写実というものを完全に達成するためには何が必要なのか。ゴッホは「描いているとそのものが以前には見えなかった色に見えてくる」といいました。  
写実の完璧化を目指していると。それが徹底するにしたがって自己崩壊していくような気がします。「見えるとおりに描く」という古典的視覚は、仮に同一化に達したと思われても、それはかえって倦怠を感じさせる作品になるだけです。写実の徹するところは、究極において、真実と虚構の断絶が亀裂として姿を現すのです。模倣とはリアリティに類似を目指しながら、どこかほんのわずかながら、対象の不在、現実への否定と無為を模索している。それは模倣の持つ本質的限界なのでしょう。「似ている」ということは終局において「どこか似ていない」ということなのです。』  -引用終わり

もうひとつの対極の考え方に見える野田弘志のリアリズムにおいては、私たちの自然を構成する何かの要素が無尽蔵であるという前提に立脚する。あるものを床でも壁でも人物でも立体としてきちんと写しとったら絵にしっかりとした本当の空間ができてひとつの現実が現れるという。その崇高な存在の価値が無尽蔵である現実空間があるからこそ、それに近づくにしたがって芸術的行為の意味や価値があるということを指す。

当初この文を書いていて、木嶋良治と渡辺貞之の文章が言い当てている焦点の深さにきらめくような共通点を感じた。それとともにリアリズムに迫る精神の働きは結局は「無尽蔵である自然」に対峙するとき、その存在の意味の深さを追求するという精神による現実の再構築であるという一点に意味が絞られるのだと言うことを理解した。
芸術である絵画においては、結局はこの世界の認識を深く思考しその全貌を知覚しながらわずかな亀裂に現れる崇高な美学を写しとってゆく作業なのではないか。その過程においてはゴールのない永遠のレースを走り抜く強靱な精神力が必要だという、ただひとつの解答である。
[PR]

by kotendesky | 2012-11-13 06:56 | ギャラリー放浪記
2012年 11月 13日

木嶋論(2)

(承前)
はたして木嶋良治は、その水面に映り込む建物の『影』に何を見たのだろうか。
水に映る影は見る角度にもよるが、充分に視程が長いと水辺の建物の影は実際の建物の高さより低く見える。
これは湖の岸から向こう岸の木や山の影を見た時に経験する事である。
しかし、木嶋のように充分に建物に接近しかつ自分が物置のひさしくらいの高さの何かの台によじ登ったり雪山に登ったりして描く時、建物の影は今度は実際の背丈より相当長くみえる。これは対象物に近づけば近づくほど2次関数的に長く見えるはずなのである。その長さは実際に写る運河の幅よりも数倍長く感じられたはずである。
「影は短く描く」という理屈は理屈として経験から木嶋はこの興味深い事実に気がついたのだろう。そしてそのことと実際の風景を画面上で構成することで、木嶋のイメージする沈黙の言葉を運河や建物から感じ取ったのだろうと思う。
1986年頃から木嶋が戻ってきた小樽運河の作品はむしろ建物の影を描くことが主目的に感じられるものになってゆく。
木嶋にとって水に映り込む影とは何か。この答えはおそらく誰にも見いだせないであろう。われわれにとって手掛かりになるのが木嶋自身が書いた文章である。そこにはつぎのような一文がある。
『影を通して眼に見えないもの、たとえば空気、音楽をどう表現すればよいのか、などと考えながら、耳を使って観ていくと、絵が動き出し、面白い発見があるような気がします』とか
『想像力を働かせると、描く側の意志だけではない、描かれる側の意志があるだろうと感じることがある。
この世界とは観念だろう。
時の経過を感じさせる石壁や建物の存在感、刻まれた文字、紋様、前景の水辺、雪原らはすべて”沈黙の言葉”をもっている。』
と書いている。(心の原風景-風土への賛辞 木嶋良治展図録 2012年市立小樽美術館発行)

同じ作家であれば描くと言うことの高みに登って行くとしばしば体験するが、描かれるものが描かせてくれるという感覚に到達する。観察を深めて行くと観察が思考の深みにはまりこみ、観念と混ざり合わさり、ついには描かれるものの意志がこちらの意志とシンクロナイズする感覚になる。このことが木嶋の言う沈黙の言葉なのであろう。
サイモンとガーファンクルは、観念を巡らせる若い高校生の自分を暗闇の旧友と表現している。大学を卒業しスポーツも試験も優秀な成績を収めた激しい陽の当たる時期を終えて、就職という大人の世界への行き先にとまどった時、この古い暗闇という友人に再び会いに行く。その映像は脳の中に植え付けられたと表現され、沈黙の音に触れるのである。
木嶋の言う描かれる側の意志はまさにサイモンとガーファンクルの言う沈黙の音と同義であるのだ。
そしてこれは重要な点だが、木嶋良治という画家の規定である。具象作家もしくは写実作家という規範にはあてはまらないと筆者は高校生の時から感じてきた。抽象作家と決めつけることはできないがそれに近い空間構成の作家だという事である。画面上での構成は写生ではなく一度頭の中で抽象化しそれを独自の空間把握や美意識でパーツを構成して行くようである。記憶や体験の入り混じった単なる具象の再現でない事を意識しているのだ。
それが60年代後半から80年代にかけて木嶋が実感してきた世界観であり木嶋良治の意識なのである。
具象とは何か、写実とは何かと考えがちだが、実在世界を表現する時に観念のない作品というものはあり得ないだろう。存在の意味するところは或る意味で観念的なものであり観念が存在表現を意味づけるのである。観念の通過なくして絵画にしろ音楽にしろ作品の成立はあり得ないし、自己の写り込む世界がむしろ自分の世界なのであって無意識に人間は観念をないまぜてものを見ているのであろう。
観ると言うことが実は脳の意識する自己表現であり、総括的に見て感じるという技なのである。それを文字や言葉や絵で表現する時、それぞれの写実は観念という思考作業抜きに表現しきれない。(つづく)
[PR]

by kotendesky | 2012-11-13 05:23 | ギャラリー放浪記