<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 27日

静かな時間のながれ

 去年の4月に円山動物園の近くにある事務所に異動になった。
 じつはこの場所は二十年くらい前に、転勤の意向を打診されていた。当時は研究したいテーマがたくさんあって、他の機関と共同で進めていたプロジェクトもあり、とても職場を移ると云う状況ではなく勘弁してもらっていた。
 定年まで三年を切ったのでそろそろだろうと云う意味か、機構改革に伴って良い環境を与えられた。
 円山の環境は、周囲が北海道神宮の山だということですこぶる良い。サラリーマン生活の最後をこうした時間のながれに置いてみるのも心身のために良いことだろう。

 きょうは、日本一だと思うお蕎麦を昼食にいただいた。事務所から車で五分以内にあるのだが、この9か月はなかなか来られなかったものだ。どうも病院時代の気ぜわしさが抜け切れていなかったのだろう。
 いつも連れと一緒なので『おひとり様』で訪れるのは初めてである。おかみさんの『おや』という気持ちが伝わる。かれこれ6、7年は通っているだろう。いつも座る場所が決まっている。
「きょうは奥様と一緒じゃないのですね」というようなことはむこうからは云わない。
 こうした気配りも含めてやはり、何年も通う価値のある店なのだ。

 ふんわりとしたとろろイモのかかった『やまかけ』を啜ったあとゆっくりと持参した本を読みながら蕎麦湯をいただく。充実した30分の昼食のなんと贅沢な時間だろう。
 これからは億劫がらずにたびたび来ようと思う。
店主とおかみさんのあたかな笑顔に見送られて、幸せなサラリーマン生活だなぁと、しみじみ感じた次第だ。

 同じ時間を同じように生きていても、ありがたいと思える自分が大層幸福な人生を歩んできたことを最近つくづく感じている。
[PR]

by kotendesky | 2012-01-27 21:36 | 冗舌亭日乗
2012年 01月 25日

臼木英之さんのHP

こちら←かっこいい!
[PR]

by kotendesky | 2012-01-25 23:04 | (七転八倒)制作記!
2012年 01月 23日

ひるの憩い

f0019379_13501249.jpg

デジタル放送に移行してから、テレビを見る時間が減った。
居間に一台のテレビは郵便局のチラシで見て買った(笑)が、他の部屋はチューナーを随時買うことにして、とりあえず基本的にインターネット中心の情報生活に移行した。
そこで気がついたが、現代は目を酷使することが多い。絵描きにとっては困った事だ。
昨年末から絵を描く時はラジオ第一の深夜放送「ラジオ深夜便」を聴いている。ゆっくりした会話が日本人のこころの周波数に合っている。

韓流なのか何か知らないがやかましい外国人の会話スピードに合わせた今のテレビは日本人の自分の感性にまるで合わない。韓国や中国人の市場を意識せざるを得ないテレビ芸能界はヤマト民族である自分に馴染まないのである。
私は異国に旅して現地の食事にすぐに順応する体質で、インドネシアや香港やなんとかいう南アフリカの近くの山岳地帯にある国(と言っていた)の留学生ともすぐにうち溶けるほどで決して民族差別主義者ではないが、中国や韓国のせっかちなテンポに合わせたような今の日本での生活が少しずつカラダに合わなくなって来ている。
今や日本はアメリカ人と中国人と朝鮮人資本の国でありヤマト民族が大手を振って歩いている国ではない。
ラーメンと焼き肉とアメリカ牛丼で生活している依存民族なのである。

そう言う生活の中で、ラジオ第一は数少ない大和の調べを持った放送だ。
昼はタイトルに有る「ひるの憩い」という番組を聴いている。
ラジオ放送はポケットにはいる小型ラジオで聴くにかぎる。歪んだ音質がかえって一所懸命聴こうとする意識を高めてくれる。

何事も満ち足りた幻想の日本の生活の中で国民のアイデンティティを高めてくれるラジオ放送を活用したい。
[PR]

by kotendesky | 2012-01-23 13:50 | 冗舌亭日乗
2012年 01月 19日

北の空に大火球(夜)

夜、愛犬の散歩の途中で南南西から北北東の空にかけて、見かけ上大型テレビくらいの
流星を目視。
青白い光がゆっくり1,2秒見え、最後はオレンジ色に崩壊して消えました。音もしたようです。
時刻は19時50分頃です。
仰角は40度くらい。

気温マイナス5度、薄曇り。

見え方はハヤブサの最後の地球大気圏突入と似ていました。ただし最初は1個。最後に分解して4,5個か。


追記:この火球は次の日(1月20日)にも見えました。夜9時55分頃です。同じ方角同じ高さ、同じような航跡。
何でしょうか、この偶然は。
考えるに、自衛隊の夜間訓練の曳光弾か標的が光って見えたのか。そういえば標的の大きさはあんな感じだったはず。二人と一匹で見ているので、幻視ではないと思うが…
[PR]

by kotendesky | 2012-01-19 23:33 | 冗舌亭日乗
2012年 01月 15日

絵画するというプライド

f0019379_22335.jpg

カラーレーザープリンタを買ったので、ポートフォリオを作りました

絵画を描くということは、対象を描くことです。しかしそのことは写真に写し取るということと
本質的に違います。
絵画の場合は描いたものが目標ではなく描いたものが自立してそこからそのものとして
存在することに意味があるのだと感じています。
「写真のようだね」と言われますが、写真のように描いたものがそのものとして誕生し
そこから時間を重ね始めることが必要なのです。
ですから絵画はものを生み出して行く作業なのだと思っております。


年末、念願のカラーレーザープリンターを買ったので取りあえず作品のポートフォリオを
作りました。尊敬する作家蔡国華さん風のデザインです。
いつも持ち歩いてどんな絵を描いているのと言われたときサッと出します(笑)。
自分で作れるのですから定期券サイズのものも作る予定です。
[PR]

by kotendesky | 2012-01-15 22:35 | (七転八倒)制作記!
2012年 01月 12日

ついている

f0019379_15495378.jpg

新年から、出会いや友人の輪の広がりが好調だ。
しかも、出会いに余韻がある。
昨年は必ずしも自分の本意とするところばかりでは無かったが、今はじっとしていた方が良いと思った。
今年は、ひょっとしたら上向きの運気なのかも知れない。
[PR]

by kotendesky | 2012-01-12 15:49 | 冗舌亭日乗
2012年 01月 03日

The 4th day of New York

f0019379_21132024.jpg




本来ならば。
結構休みが取れそうな気配だったので、本当にひとり気ままに異国への計画をしたのでした。
でも、
気がついて良かったのですが、パスポートが切れていたのです。
がっくりですねえ。

If it is original.
since it was the sign that a rest was taken very well -- true -- one person -- the plan to the foreign country was carried out willfully.
but
Although it was good for mind to stick, the passport had run out.
it coming out suddenly and being able to be peevish -- 。
[PR]

by kotendesky | 2012-01-03 09:11 | 冗舌亭日乗
2012年 01月 03日

ニューヨークにいる

f0019379_1355211.jpg

年末からNYに来ている。
今年のNYは9度(C)もあり暖かい。
1日は4度(C)に下がった。

いつも思うが、アメリカは食べ物がまずい。
朝食はまあ、コンチネンタルブレックファストで良いと思うが、昼食はホットドックが定番のような気がする。
さて、夕食は安レストランのクラムチャウダーで体を暖めてからポテト+グレービーにリブロースでも食おうと思う。


つもり‥(ウソです)

ニューヨーク(入浴)は近場のスーパー銭湯で(笑)

右側のENGLISH versionをクリックすると雰囲気が出ます(さらに(笑))

[PR]

by kotendesky | 2012-01-03 01:35 | 冗舌亭日乗
2012年 01月 01日

ことしもよろしくおねがいします

今年の予定です。

5月 一線展北海道支部展 市民ギャラリー 1室
7月 一線北海道5人展 時計台ギャラリーA室

10月 道展 市民ギャラリー
10月 一線展 東京都美術館

個展 時期・会場とも未定

取材は1週間ほど京都に行く予定です。


ことしもよろしくご指導をお願いします。
[PR]

by kotendesky | 2012-01-01 00:01 | 個展やGRP展の予定