<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 26日

道展を観てきました

f0019379_2325862.jpg

昨日(25日)道展を観に行きました。

自分の作品が市民ギャラリーに展示されるのは何回かありましたが、道展という公募展で
入選し展示されるのは、絵描きとして非常に名誉なことです。

しかし、自分の作品を観ると課題が非常に多く来年への反省点ばかりが目立ちます。
もちろん有頂天になっては居ません。

言うなれば、これは入学試験のようなものです。
さて、入学したはよいけれどこれからどうしようかとか、こういう絵を描きたいという
抱負や希望が強く感じられます。
今のままではもちろん進級は出来ないので2年生に向けていまから勉強を再開しなければ
なりません。
今回は雪の表現にある程度自分らしさが出せたと思いますが、作品評にあるとおり雪の
白さの中に色の変化や表現の多様さを込めなければなりません。
空のブルーや山肌の茶系の色にしても、隣り合う色が同じではやはりいけません。
アトリエで観ているのと違い会場で観ると数段扁平に見えるもので、この描き方の具合を
自分で解決しなくては入選すらおぼつかないのは言うまでもありません。

入選はうれしいことですが、色々な課題を突きつけられるというのは恥ずかしいことですし
厳しい現実です。

しかし、これがあるから公募展に挑戦し続けるのです。
自分だけで絵を描いて有頂天になっても、しょせん自己満足に終わり、進歩が緩慢に
なるおそれが大きいのは事実です。それを公募展という他の作家さんの作品と並べてみると
自分の欠点がよく分かります。

自分はまだスタートしたばかりです。焦らずにじっくり描こうとは思いますが、突きつけられた
自分の絵の問題点は早急に解決して行こうと強く思います。
それなくして進歩は無いと思います。
[PR]

by kotendesky | 2008-10-26 20:41 | (七転八倒)制作記!
2008年 10月 21日

通知が来ました

道展から通知が来ました。
入選作は、全く予想していなかった作品でした。
今回は3枚の作品を出品し、一枚の入選を果たしたわけですが
自分で密かにあれが入ったのだろうなあと思っていましたが、実際は
違っていたという案配です。
こういうことは、結構耳にしますが不思議です。
f0019379_23144975.jpg

『冬の声が聴こえる<Ⅱ>』(162.1/130.3 F100)

近景の谷地の描写に最後まで迷ったので次回の作品ではこの点の解決が課題となります。
冬が近づいてくる本当に短い季節の空気感をとらえてみたいと思っております。
[PR]

by kotendesky | 2008-10-21 23:24 | (七転八倒)制作記!
2008年 10月 19日

道展に入選!

長い道のりでした。
3年目の今年は、春から個展の準備と、一線美術展に参加させて貰いながら
秋の道展の準備を進めてきました。

ここに至るまでの青春時代からの長い道程を考えると感慨は無量のものがあります。

これまでご支援くださいましたみなさまに感謝申し上げます。
これからも至らぬ作家ではございますがよろしくお願い申し上げます。

今書いていると、早速祝福のお電話を頂きました。
本当にありがたいことでございます。
[PR]

by kotendesky | 2008-10-19 15:10 | (七転八倒)制作記!
2008年 10月 17日

搬入

今年の締めくくりは、道展への搬入だ。
とは言っても直接搬入したわけではない。まだ一度も搬入に行ったことがない。
今回も運送屋さんにすべてをお任せした。
直接搬入は、定年退職後だなあ。
今から楽しみにしている。
自分の絵を搬入することは自分の責任であると思っている。
でも、仕事をしなければ絵も描けないし、絵を描く目標がなければ
仕事も楽しくできないだろう。
したがって、道展の会員の皆さんのように自分も仕事を持ちながら
作家活動をして行こうと思う。


追記
風邪を引いたあとに寝られないほどの咳が長引くと思って、先週末に内科にかかったら、
咳だけの症状の「咳ぜんそく」という診断であった。
ぜんそく治療と予防のクスリをもらってきた。
そのような中で、一泊二日の東京行きを敢行した。
無茶な計画だが、クスリのおかげで睡眠は少し出来た。
帰りの深夜便は満席だった。夜の11時を回る到着時刻の飛行機に
子どもを乗せている親が多かったのにはあきれた。
[PR]

by kotendesky | 2008-10-17 00:27 | (七転八倒)制作記!
2008年 10月 13日

一線美術展に行って来ました

f0019379_17402778.jpg

絵の前で気取っています。
(実は咳ぜんそくで、睡眠もままならぬ日々。少々やつれた姿です)
それにしても、咳のしすぎで肋骨が痛いです。
ホテルは、生まれて初めて禁煙ルームに泊まりました。
[PR]

by kotendesky | 2008-10-13 17:40 | 冗舌亭日乗
2008年 10月 13日

蔡國華さんと会ってきた

京橋の金井画廊で蔡國華さんの個展が今週末(10月18日土)までひらかれている。
朝10時半頃1階が開いていたので、見せてもらった。
程なく定時の11時に3階も開けてくれたので画廊の方とゆっくりと絵の話をしながら観ていた。

ちょうど近くのスタジオ・アトリエから蔡さんが来廊。
64年生まれとはとても思えない若い容姿で好青年という印象だ。
気さくな人柄でますますファンになった。
一線美術展に若い頃出していて、今はどこにも所属していないが、一線では4回受賞している。

画面に新聞などの印刷物を転写する方法を教えてもらった。
それと、北海道内を巡回中の現代具象展に特陳していることなども話された。
帰り際に「カワカミさん」と外まで追いかけてくれて昨年の伊東市の池田20世紀美術館での展覧会の画集を頂いた。
路上でがっちりと握手して温かい人柄が心に沁みた。
絵も同様に心に沁みるものだつた。

蔡さんに関わるブログ「通勤絵速」
[PR]

by kotendesky | 2008-10-13 17:36 | 冗舌亭日乗
2008年 10月 09日

自分の世界…

『これからも自分の世界を大切に書いて行きたい』

30年ほど前の芥川賞受賞作家の言葉だ。
授賞パーティーで一線級の作家に紹介され、
『頑張りなさいよ』
とお誉めの言葉をいただいた中で
『ふーん、そんなものあるんかねえ』
とある大家に言われて、ギクリとしたという話だ。

けっこう、これは心の中に突き刺さって記憶になった。

自分が作家のはしくれとなって、言えることは
『自分の表現があるのかを探すことをしたい。一生掛けても…』
と思う。

作家は表現の生き物だ。ごく一部の才能ある作家を別にすると
ほとんどは先達作家のまねをして、自分の中で消化しあらたな表現に昇華して行く。
この道程をたどることが一般的だ。しばしば師匠や目標とする先人の表現を借り着して
人前に出て行く。
それはイカン事だと考えながらも、自分の表現の旅の途中には必要な模倣だ。

よく、「人まねでない自分の絵を描こうと思う」という。それはもちろん正論だけれど
自分の世界を確立するまでは非常に長い道のりを要することは言うまでもない。

『少なくとも自分の世界を狭めるようなことをしないでおこうと思います』と言いたい。
あらゆる可能性を経験として獲得することも便法ではあるけれど
魅力的な行為であると思う。
[PR]

by kotendesky | 2008-10-09 00:08 | (七転八倒)制作記!