(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 19日

札幌美術展2008 ---美術で綴る札幌の歩み

今展に出品している椎名次郎さんからご招待されたので市民ギャラリーに行ってきた。
椎名次郎さんは陸軍中野学校を卒業して今は路上生活者ではなく路上制作者を生業としている。他に中野学校仕込みの映写技術者。今は珍しいアナログ映写機をスキ無く映写できる技師でもある。グループ展のメンバーでお付き合いさせて頂いている。

出品作家の露口啓二さん(写真)のサイトによると、キュレーションをしたのは芸森の吉崎さんということだった。(吉崎元章学芸員)

印象的に予算が無いんだろうなあとは思う。
札幌市に関係して美術番組を作るのはすでに余所でアイディアが出尽くして専従の企画でもしなければインパクトのある『札幌美術展』は成立しないのだろう。片手間では困難だ。
ポスターや絵地図あるいは冬季オリムピックの資料などで札幌の歩みを紹介している。(これで入場料300円かあ?)
二階の展示室では椎名次郎、藤谷康晴、小林政雄、橋本禮三、新見亜矢子、はなこ、佐藤雅英、露口啓二らの「札幌のまち」にこだわった作品を発表し続けている作家の展示がされている。展示室をのびのび使った「個展」はさぞ痛快だったことだろう。

もちろん、これで主催者の言うように「私たちが住んでいる街をビジュアル的に表現しました。楽しくわかりやすくこの街の歴史を知ることであらためて札幌の街の魅力を感じてみませんか。」と言うことにはならない。
視点がはっきりしない企画に協力した作家の皆さんや企画者として協力した吉崎さんにはつらい仕事だったのではないだろうか。

もとより、この札幌美術展は色々意見の多い展覧会だ。加えて札幌市の財政逼迫から低予算のあおりを受けているのだろう。この種の美術展は市の補助金をベースに札幌市芸術文化財団が主催するのだが、近年は札幌市の予算は付いていない。(注:ちなみに札幌アートステージは2千340万円の事業費が次年度予算となっている)
このためか視点の定まらない年展がつづき、何か胸にストンと落ちない展覧会がつづいているのだ。
しかし、総花的な市内の公募展作家のダイジェスト展をするほどこの美術展の視座は低次元ではない。関係者の意気込みにもよるだろうが将来全国的に注目されるトリエンナーレのような形式で作品を公募するような企画に化けてもらいたいと思う。

それにしても、市議会議員から一度も質問が出ないのはどうしたことか。
特に比較にしたいのは札幌交響楽団運営費補助金が1億6000万円、サッポロシティージャズ事業費補助金が1千800万円。
これに対して小学校へアーティストを派遣したり小学生を美術館に招待する補助金が合わせて何と200万円だ。
マニアにジャズ聞かせるより小学生や中学生の美術教育が先だろうよ。
市長が音楽好きで音楽や芝居などに予算配分したいのは分かるが、サイレントな美術系活動に予算をもう少し向けられないものだろうか。(ということでさり気なく聴覚・視覚障がい児への配慮)

これでは私が議員か市長になるしかあるまい。まあそれは無理としても上田市長さん、私に観光文化局・文化部の予算の3分の1でも組み直させる気はないかね。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-19 00:17 | ギャラリー放浪記
2008年 03月 09日

ギャラリー巡り 3月8日土曜日

高橋靖子展
STV北2条ビル エントランスホール

刺繍を用いた最近の作品が目を引いた。
タブローの場合は文字や切手など余計な要素も含まれているが、刺繍は純粋に糸で
神経や血管のような切れ切れの人生の断章を連結あるいは関連づけもしくは意図して
分断しようとしている作家の境地が見える。
光を介して不思議な感じ方の変化も体験できる。

教育大芸術文化課程美術コース教員展
時計台ギャラリー

特に感想なし。あんなモノなのか。
時間が無いのは分かるが、やっつけ仕事で展示されてもなあ…

誰かが書いていたが伊藤隆介さんの作品を納得できる環境で観たいなあ。

3階で札幌美術学園特設絵画コース修了展もやっていた。




アクリルアワード作品展
セントラルスカイホール

アクリルである必然姓というほどの作品は無かったなあ。
油彩や水彩でこれまで試みられた技法と構成の作品ばかり。
新しい体験がなかった。


本宮順子個展
ユリイカ

油彩の小樽の小路が良かった。
他に水彩でスペインの小路1,2と恵庭ガーデンの室内のドア付近を描いた作品

7月に友人と二人展。こちらはさっしんギャラリーで。
本宮さんは水彩を展示予定だそうだ。

会場でSHさんとばったり会う。

その後三平の醤油ラーメンを久しぶりにゆっくり食べて帰宅。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-09 04:32 | ギャラリー放浪記
2008年 03月 05日

まずい

また、午前二時だ。

寝よ。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-05 02:02 | 冗舌亭日乗
2008年 03月 01日

木炭

f0019379_131354.jpg

商売柄木炭を手放せない。
キャンバスにデッサンをするときに、油彩なら鉛筆、木炭、油彩と相場は決まっており
多くの人は鉛筆でさっと位置決めをして油彩でデッサンをするのだが、私は昔から
木炭で何回も位置決めをする。
馴れたアングルの構成なら特にアタリを取らずに油彩で描き始めることも出来るが
最近のように少ない要素で静物を描くときは何日もデッサンで構図を決める方が
あとで苦労しなくても良いので木炭が便利だ。
最初はヤナギの柔らかい木炭(手前)でさっと消せることを重視する。
最後に栗の木の堅い繊維の統一された木炭を使うことが多い。(後列)
栗の木は材が太いので四角い断面の角柱状になっている。
生の木と同じように炭となっても固い。したがって固い線になる。
ヤナギの木炭はすべて反対で細く柔らかい。中心に芯があり石膏デッサンをするときは
針金で芯を抜く。そうしないと紙が汚れるからだ。
針金はすぐ曲がり、そのままだと買ったばかりの新品の木炭が折れる原因となる。
学生時代の私は、木炭の芯を抜くときギターの弦の古いのを使ってうまくいったことがある。
ピアノ線に銅線を巻いてあるギターの弦は直線の形状が維持され、なおかつ巧いことに
応力に反応するるので微妙に曲がったヤナギの木炭でもうまく芯が抜けるのである。
ちょうど配水管の詰まりを治すワイヤーと同じ動きをする。
柳に風という言い方があるが、ヤナギにギターの弦は相性がよい。
何事にも固すぎず柔らかすぎず、自在に対応できると言うことは大切なことだ。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-01 01:18 | (七転八倒)制作記!