(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 22日

小樽(富岡-稲穂-色内)逍遙

21日の土曜日に小樽に行ってきた。
目的は森本光子さんの追悼展だ。この日は駅を降りると山手の富岡を歩き回った。
結構な上りだが、地元のひとはゆっくり坂を登る。こうした毎日の歩行が足腰を自然に強くするのだと思う。
f0019379_340793.jpg

小樽駅構内のステーションギャラリーは今日は開いていた。
「小樽ガラスの世界展」は8月30日まで。吹きガラスの風鈴が涼やかな音色だ。
f0019379_3402370.jpg

美しい模様の大皿様の花器。模様が非常に美しい。
f0019379_3403561.jpg

窓から港が見える。ギャラリーからのこういう眺めも珍しい。
国際ホテルは解体のために足場が組まれており、この日は看板類をはずしていた。
f0019379_340492.jpg

小川清さんの1990年の「船見坂」(100F)はここからの眺めだ。
小樽を代表する絵のスポットだ。
f0019379_341441.jpg
日銀の宿舎跡、現在無人。こういった場所は早く活用方法を検討して欲しい。
いつまでも遊休地をもっているのは税金の無駄である。
f0019379_3411574.jpg
こういう眺望の良い場所に建っている。売ればすぐにマンションが建つだろうが、
短期間滞在のために安価で貸し出して欲しい物件である。
観光地にコンドミニアムを開業するのも既存設備の有効利用である。
f0019379_3413988.jpg
さらに南に歩いて教会を抜け通りを港方向に降りる。
ここまでが富岡1丁目。ここから下がるとやがて稲穂1丁目になる
f0019379_3415268.jpg
保健所と稲穂小学校を左手にさらに下るとJRのガードに出る。
小川清さんの1996年の「ガードのある風景」(100F)の立場所はこの道路の反対側で
当時の看板は出光のマークだ。(1999年の絵はこちら)
出光マークは消火栓の看板とともに他の絵でも繰り返し描いている。
f0019379_342271.jpg
稲穂1丁目を下がると手宮線跡を境に色内の地名となる。サンフランシスコ風に言えばベイエリアの色内は
北のウォール街や色内埠頭一帯からずーっと小樽製罐のあたりまで続く。

市立小樽美術館では森本光子さんの追悼展が最終日だ。
私の師匠は若いとき森本家の家庭教師をしていたそうである。
森本三郎氏としばしばスケッチに行ったほど親交は深い。
光子さんの人物は深い色の背景が人物を引き立てているが、
意外と薄塗りなのだなあと感じた。
色の使い方のニュアンスが木嶋氏を通じて私にも伝わっていると思う。
この絵を観ていると、勉強が足りない自分への戒めとなる。

美術館を出ると日銀金融資料館。ちょうどガイドツアーが実施されていたので
30分ほど子細に館内を回る。一億円の札束を持ってみたりする。
自分には関係ない額だが、これを持って逃げられないほど重いものだという
庶民の感覚がまともに感じる。
最後にツアー参加記念品としてお札をくれた。(笑)(裁断片)

f0019379_3421873.jpg

北運河。
当時の川幅はもうこの場所し残っていない。
橋も当時のままの石組みで高さや色も同じだ。
現在北海製罐の敷地内を通ることは出来ないし運河のほとりに入ることも出来ないが
昔はこのあたりは自由に出入りできたし土手も土がむき出しでもう少し幅があった。
土手で絵を描いていると従業員が時々絵を覗きに来た。
彼らは厳しい批評家でそういった中で画学生は鍛えられたものである。

f0019379_3423258.jpg
水面に映る製罐工場。この風情に会いに何度も小樽に通うのだと思っている。
[PR]

by kotendesky | 2007-07-22 16:53 | ギャラリー放浪記
2007年 07月 19日

甲子園の始まりです

高校野球の北海道大会が始まりましたは佳境に入りました。
のほうはこれから甲子園(道展)地区大会の始まりです。(笑)
昨年は落選しましたが、あきらめず道展入選を目指して大作を描き始めます。
本日、通販で100号の木枠を仕入れ、先ほど組み立てました。
木枠の接着剤が乾く今週末にキャンバスを張り、下地を作ります。
下地はアクリラジェッソMをまずローラーで均一に塗ります。
生乾きの段階でその上に同じジェッソMをナイフで
ある程度凹凸をつけながら極めて小さな不均一をつけます。
この段階は今年の春の個展で経験した絵の具がはがれるという失敗を回避するためです。
表面が乾いた初期の段階で次の油彩の下地を作ります。
油彩下地には日本画の瑚粉を25パーセントほど混ぜて画面のマチエールをつくる予定です。
エスキースが半分程度出来ていて、画面のフォルムの分布の予定通り
今度は少し意識して凹凸をつけて行きます。この部分がコンクリートの壁になる予定です。
その際、今年の試みとしてはパレットからはがした絵の具の剥離塊を
効果的に配置する予定です。
絵の具の剥離塊とは、パレットの上に青や緑の絵の具が低い山状の層になっているところを
注意深く剥がしたもののことです。これは大きなもので直径3センチ程度あります。
表面は酸化していますので絵の具の定着は悪いのですがルツーセというワニスを
若干浸透させます。そうすることで絵の具皮膜に新しい絵の具を重ねることが出来ます。

言葉で書くとさっぱり姿が想像できませんが、本人が分かっていれば良いことです。

マチエールはこの段階で再度考えることにします。
今年は、100号の絵作りを注意深く進める予定です。
[PR]

by kotendesky | 2007-07-19 22:29 | (七転八倒)制作記!
2007年 07月 17日

最近の活動

f0019379_2126614.jpg











公募展向け作品のエスキース(15F)制作中。
次回テーマはコンクリートの岸壁、浮き球、抜ける空など。
重厚なマチエールを追求中です。

(記事と画像は関係ありません)
[PR]

by kotendesky | 2007-07-17 01:49 | (七転八倒)制作記!
2007年 07月 08日

文化展表彰式

f0019379_23352813.jpg


文化展の表彰式に行ってきた。
同じ絵画部門の本宮さんも一緒だ。終始和やかに進行する。
絵画で5点を出品したことが一部でクレームが付いたそうだ。
それなら俺もたくさん出したのにという話だったそうだ。
審査に当たられた山下先生は『たくさんある方が作家の作品傾向が把握しやすい』
というフォロウをしてくださった。
私も、出品者としては会場に余裕があるなら多数を出せる場合は
ひとり2点にこだわるべきでないと思っている。
しかし、シリーズとして作品相互の関連がある場合という制約は当然あろう。

審査の基準として『冒険的で元気がある作品』というのが各部門を通じて基本にあるそうだ。
作品の完成度より、その作家がより高い目標を持って冒険をしているかという部分が
必要だということだ。
f0019379_23442596.jpg
岡本久仁子さんの『リラ』。
ライラックの花を放射状にいっぱいに生けて作品にしている。
野田弘志さんの絵画に通ずる写実主義の作品だ。
細かいことだが背後空間の処理にもう一つ試みがあって良いと思うが
今回展でもっとも完成度が高い作品の一つだ。
この作品が無冠というのが納得できない部分があるが、
作品が10号Fというサイズの問題かもしれない。
今回展は受賞作品がある程度大型化している傾向がある。
もちろん良いものはサイズに関係がないのだが、審査の基本の冒険性という観点から、
せめて20号なら授賞の対象になったと思うが、惜しい作品である。個人的には欲しくなる
作品である。


最近体調が思わしくなく体温調節がうまくできない。冷房病のように、汗をかかないのだ。
本宮さんには『更年期障がい』と冷やかされた。
スポーツクラブでウエートリフティングをしているときは一日一回は汗を大量にかくという
習慣だったが、この2年ほどはジムに通うお金も時間もない。
今日も地下鉄で冷えてしまい、会場に早めに着き、1時間ほど付近の豊平川堤防を散策した。
少し上流に千歳鶴の工場がある。
そこの壁が良い。思わぬ発見だ。現在模索している作品の取材に少し通おうと思う。
f0019379_23541522.jpg

f0019379_23545011.jpg
f0019379_23551777.jpg
f0019379_053096.jpg

[PR]

by kotendesky | 2007-07-08 23:56 | ギャラリー放浪記
2007年 07月 07日

文化展に行ってきました

f0019379_21132959.jpg

第31回豊かなくらしを創る文化展に行ってきました。
今年も昨年に続き幸運にも奨励賞をいただきました。
来年のろうきんカレンダー賞もいただきました。
f0019379_2113471.jpg
(上)本宮順子さん「初夏の高島漁港』奨励賞・カレンダー賞
f0019379_21142664.jpg
(上)お姉様の吉川恵美子さん『至福のひととき』


f0019379_21193661.jpg
吉田敏春さん『牧舎の冬』

f0019379_21194618.jpg
浅野富士男さん『茜空の街』

f0019379_21195399.jpg
浅野富士男さん『愁』

f0019379_2120285.jpg

今年は絵画部門の出品者が多いそうだ。にぎやかな会場風景
[PR]

by kotendesky | 2007-07-07 21:23 | ギャラリー放浪記
2007年 07月 07日

北の大地ビエンナーレ

結果発表がありました。

サイトはこちら
[PR]

by kotendesky | 2007-07-07 02:32 | 最新情報
2007年 07月 05日

You Tube

f0019379_11413251.jpg











スーパーマリオブラザーズというゲームがあったけれど、あのバックに流れる音楽を様々な楽器で演奏する人たちが居る。
おそらく、キーボードで作曲したのだろうから曲の演奏はキーボード向きである。
それをギターでやるとなるととたんに困難に突き当たる。
このサイトではその挑戦者の苦闘がアップされている。

決して深刻ではないが、演奏している本人たちは至ってまじめだ。
このゲーム曲に心血を注いでいる様が見て取れる。

You Tubeという動画サイトに様々な楽器で演奏する様子が再現されている。
You Tube マリオクラシックギター版
エレキギター版(コインの音が泣かせる)
韓国もがんばっている
まあ、正統派も
ドラムバージョン

ばかばかしいこと、どうでも良いことに真剣になると言うことは、基礎がしっかりしていないと出来るものではない。
昔のクレージーキャッツなどもその一つでした。

記事の内容とカットは関係ありません
[PR]

by kotendesky | 2007-07-05 00:06 | 冗舌亭日乗