(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 23日

第178回伊藤太郎水彩画展

1月23日から28日まで、さいとうギャラリーA、B

今回で実に178回目という水彩画個展。
40年に姫路市生まれ。72年に北大院卒。77年理学博士。78年から毎年パリ大学客員教授。

この略歴で想像がつくように伊藤さんは理工学の教員の傍ら長く情熱的に滞在先で水彩スケッチを物した。
会場には独特のタッチの水彩画が44点と10数点の小品が展示されている。
f0019379_16474557.jpg
f0019379_16480100.jpg
ベレーの伊藤さん。フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語そしてクロアチア語他が堪能で特にフランス語は寝言に出るというほどだそうだ。もちろん英語は必須。
学者は外国語で発想する方が自然だ。
f0019379_23252654.jpg
マイセンの赤い屋根。
磁器で有名なマイセンの町並みだ。この作家としてはめずらしく色を重ねて重たく仕上げている。

f0019379_16484224.jpg
カラッシオの古城。
半分朽ちかけた石の外壁を緑の中に穏やかな目線で描いている。
f0019379_0816.jpg
ブレーメンの昔の小路。
ブレーメンは今回の個展では数多く描いているが、これは古く狭い路地深くに陽が差した光景だ。
多分、一瞬か非常に短い時間陽が当たった所を描いたものようだ。
筆は、粗密強弱のリズムが良く明暗は穏やかだが適切だ。
f0019379_1650450.jpg


画家の道具。
独自に製作したという竹ペンの製作工程。これは奥から特別に出して説明をしてくれた。左から3番目の穴をうがつことで溝を切る時の割れを防ぐ。
特にペン先の長さと幅と切り口の摺り合わせが命だという。出来たペンは麻糸で結んでテーパー部分で線幅を調整する。
「つけペンの長さは3,4センチ、幅は2ミリがベスト」と数字で説明される。
このペンがあるからアルシュ紙(厚手)の紙目に負けずにスミの「かすれた線」が引けるのだそうだ。写真には写っていないがスケッチの際は0.4ミリほどの水性ローリングペン(製図用か?)を使用。
f0019379_1651478.jpg
切り口の合わせが伊藤式竹ペンの命。
f0019379_16502183.jpg
そしてスケッチの際の道具。ニュートンのミニチュアセットとフィルムケースの水入れ、筆は二本だ。
それらを背広の内ポケットからひょいと出すところが洒落ている。
f0019379_1650422.jpg


実は、ご自宅のすぐ近くに筆者の住まいがあるのだが、まだ訪問がかなっていない。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-23 16:52 | ギャラリー放浪記
2007年 01月 21日

未完の山!

f0019379_0932100.jpg

アトリエの様子。

のんびりしていたら、もう1月も終わるのですね。
2月、3月、4月…
さささ3ヶ月しかあらへん。

そろそろ、完成作業に入らねば間に合わへんわ。
少し遊びすぎました。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-21 00:06 | (七転八倒)制作記!
2007年 01月 17日

雪深い木立

f0019379_1193595.jpg

まだ暗い6時すこし前にフッと目が覚める。この時期は東南の空に低く細い下弦の月の上に
まだシリウスの明るい光が瞬いている。公園の照明も点いている。
12年前の5時46分頃神戸は激しく揺れた。

1月のこの時刻に自宅から見える未明の光景は日本画の世界そのものである。
カメラを持ち出して写せばよいのだが、睡眠時間が毎日3時間半では少しきつい。
じっくりと記憶にとどめて昼間デッサンをした上に記憶から描き起こすことになる。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-17 07:05 | (七転八倒)制作記!
2007年 01月 16日

朝が来た

f0019379_1553983.jpg

朝起きてカーテンを開ける。
この時間が一日の始まり。
視界一杯に冬の寒い情景が広がる。
まだ、芯が起きていないが、愛犬の朝の散歩から一日が始まる。
さあ、出勤のサラリーマンに混じって愛犬の散歩だ。
その後、急いで朝支度する。
冬の間に一年のパワーを蓄える。
冬眠は私には無関係になった。絵のお陰である。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-16 06:50 | 冗舌亭日乗
2007年 01月 15日

冬が来た!

f0019379_21543343.jpg

ようやく寒い冬が来た。
冬を描く者にとって、温かな冬は意欲がわいてこない。
キリッとした空気の張りつめた中に雪の暖かさがあるように思う。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-15 21:56 | (七転八倒)制作記!
2007年 01月 14日

第13回みなもの会新春日本画展

筆者にとってこの数年は、この展覧会がその年のギャラリー放浪のはじめとなっている。
言わずと知れた中野邦昭さんの教室合同展。
というより、13回ともなるとそれぞれの作家が立派に個展を開ける実力が
あることがよく分かる。
セントラルスカイホール全室1月14日まで。
f0019379_15174553.jpg
f0019379_15175760.jpg
f0019379_1518112.jpg
正月らしく天井に届きそうな豪華な生け花も展示されている。天井は五メートル近くある。

f0019379_15182417.jpg
佐賀彩美さん『はるかぜⅡ』。
レンギョウの気品をコンパクトにまとめて表現している。背景のグレーと春の風に踊る花の黄色が
十分響きあって静謐でいて豪華な画面構成になっている。

f0019379_1518365.jpg
津田真知子さん『爽秋』。
背景の紙を揉んだおもしろさは良いがバルールがわずかに強く感じるのは筆者だけだろうか。対象の女性の表現はこの人独特の落ち着きがある。昨年の作品の肩から首へのつながりの解剖学的フォルムの課題が今年は克服されていた。

f0019379_1547916.jpg
鈴木恭子さん『秋桜』。
コスモスの描写の年季が感じられる秀作。

どの作品も、それぞれの段階での完成度は高い。
一つだけ気になったは、背景の造形にこだわりすぎて十分に対象を生かし切れていない惜しい作品もあったことである。そうはいっても多色を散りばめた独特の背景がこの会の特徴であることと、非常に難しい処理なので十分な完成度があることからほんの少しバルールを調整することで作品は一段も二段も格が上がることを考えれば来年の新春日本画展が楽しみである。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-14 15:18 | ギャラリー放浪記
2007年 01月 09日

光るつらら

ニュースで光るつららプロジェクトの模様が放送されていた。
北海道東海大学の田中浩也さんらのプロジェクトで真駒内公園に展示されているという。
f0019379_23583911.jpg

水を専用の容器から垂らして戸外に設置し中に仕掛けた発光ダイオードで美しく光らせる。
何と美しい造形だろう(と思う)。
つららを外部の水で制作する方法は考えつきやすいが、自ら成長するつららを「栽培する」という発想がよい。
プレスリリース(クリック)
[PR]

by kotendesky | 2007-01-09 00:00 | ギャラリー放浪記
2007年 01月 08日

制作態度「悪」

最近、休みが多く絵を描くには良い環境だが、正月以来あまり描いていない。
この三連休は金曜日の夜にアトリエに行くが昼間、元小児科の先生にもらった
G線上のアリアだけの演奏集を聴いているうちに居眠りをしてしまった。
帰りがけに一時間くらい15号のキャンバスのデッサンをした。

土曜日はさいとうギャラリーにて小品展を観る。
恒例だというおみくじは北海道神宮の神饌と同じ「小吉」。
武石先生の小樽港の絵と普段老人の肖像を描く筆が同じという小さな驚きがあった。
三越で買い物をし帰りに大倉山への途中にあるそば庵「相○坊」という店で
年初の挨拶を交わし『つけとろ』を注文する。山芋がふんわりして、いつもうまい。
帰宅後、疲れたので昼寝をしてしまった。
夕食後ピザ生地をこねる仕事を命ぜられ、黙々と施行。その後アトリエと向かう。
隣家の亭主が我がアトリエ前で排水の氷割りをしていたので手伝う。
本当は自分がやらねばならない仕事だろうなあ。札幌は雨の週末だ。
クラシックのCDをかけながら前日のデッサンに色載せをする。午前1時過ぎ帰宅。
風呂に入って寝る。

日曜日は家人の手製のピザを食べ、あとはひたすら寝る。
夜中に旭岳の絵のデッサンをする。
夏から解決の付かなかった顔料の着彩で画用紙に描く30号の準備。
雲と手前の樹々のフォルムをどうするか未解決だ。
最近は寝ても夢にこの絵が出る。夢の中ではフォルムが具合良く解決するのだが、
起きて画用紙にデッサンをすると現実に引き戻される。
入浴後、お汁粉に餅を入れて食す。餅が思いの外堅く、歯が欠けた。

月曜日は10時半まで寝る。昼を食べて3時まで家人と無駄話をしてその後は自分の部屋でぼんやり過ごす。
低気圧は去ったようだが、少しだるい。結局寝てばかり居た。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-08 17:48 | (七転八倒)制作記!
2007年 01月 03日

日記番外編

『おせち』がなくなったので、入っていた鯛の尾頭付きで、鯛飯を炊いてもらう。
うまい。軽く2膳を所望した。
居候のなので、3杯目は出せなかった。
久しぶりに食べ過ぎた。
パンシロン漢方胃腸薬Aを飲む。線香を粉末にしたような薬だ。

チーコは本日↓の掲載に不満気である。
『虐待だあ』とわめいている。
ベッドに粗相をするからだよ。
仕返しとNHKは忘れた頃にやってくるものだよ。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-03 23:37 | 冗舌亭日乗
2007年 01月 03日

穏やかな正月??

f0019379_1583515.jpg

亥年です。イノシシのアップを撮ってみました。
むむむ…
本当はチーコですがね。絶好調です…ハイ…
f0019379_1585319.jpg

『ささ、チーコ、ご挨拶ですよ。』
『う、うん、本当はこんなのいやだけど…』

ちなみにこのあと…  
パクッとやられましたが、指は健在です。

あ、toledoさんは今年もスペインに行ったようです。
4月の水彩連盟展、観に行こうかな?

さあ、明日から仕事だ。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-03 15:10 | 冗舌亭日乗