(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

画材の通販

画材の通販を利用して1年目になる。
最初は個展のための額縁と仮枠をまとめて買った。10万円以上になったので特別見積
を依頼した。実にメーカー価格の3割引弱になった。非常に助かったことは言うまでも
ない。数社利用したが額縁関係は栃木の『マルニ画材額縁』が一番安く在庫も豊富のよ
うだ。2代目の若店長の努力姿勢が立派だ。
額縁は個展の場合そんなに凝った物は必要なく既知の型番で商品がよく分かることと、
仮枠は定番品でトラブルも無いだろうとの見込みから通販でも不都合はない。注文から
1週間で到着した。以前地元の画材店で同じF30号の天壇(額縁の名前)を注文した
ら在庫が無く1ヶ月以上待たされた。これでは最初から勝負にもならない。
ちなみにアルミ仮縁面金アクリル付きと木製額縁の天檀(最初からアクリル込み)の価
格差は3千円くらいだ。師匠は30号の額縁が2万円を切ると聞いて驚いていた。

今週はモナ・リサも驚く『世界堂』にはじめて絵の具と筆と木枠などを注文した。
金曜日の深夜に発注して土日をはさみ火曜日の昼頃到着した。早い!
画材はフィーリングの商品だ。絵の具や筆は自分で見て買いたい。しかし通販で常時2
、3割引で買えるとなると価格差は大きい。世界堂では新宿という土地柄を反映してか、
ヨドバシのようなポイント還元もある。

これでは、街の画材屋さんは大変だろう。
私が個展会場として選んだ大丸藤井セントラルは画材、用紙や文房具の卸し小売りの会
社だが画材の価格は個人で買う場合メーカー通常価格である。セールを年間数回やるの
でその時にまとめ買いをすればよいが、通販は常時2,3割引で買えるとなると話は別
である。しかもセールの品物は確実に品質が低下した。
油彩材料は高価だ。量が多いので重い。店で買うにしても配送を依頼すると受け取る手
間は通販と同じだ。キャンバスになると10メーター巻きだと実に5、6キロにもなる
。カーペットのような大きな荷物を電車に持ち込む者も居まい。これを年間最低2回は
買う。乾燥するので長く置けないからだ。製造から1年頃が乾燥度合いが良い。

しかし、画材の通販が一般化すると間違いなく地方の画材店は潰れる。上述の店舗も、
書道用品、コミックやイラスト用品、子供用工作キット、ファンシー用品などの売場が
拡張傾向にある。まずレジの向きが油彩水彩画材からデザイン方面に変わった。売り上
げの推移を見て取れる。しかしこれらの分野はおそらく流行り廃れが大きいだろう。
だからと言うわけでもないが、画材などの高額購入者に今度割り引きカードを発行する
という噂を聞いた。これは店側の年金世代、団塊世代囲い込み作戦のようだが、安価で
水準品質の世界堂のようなオリジナル木枠や筆を特注できなければ苦しい。事実上ホル
ベイン優勢の状況では製造元の中国やマレーシア、タイなどに独自ブランドで発注しな
ければ対抗できない。しかし札幌中心の客相手では無理があろう。

数年前から大丸藤井セントラルのギャラリーから油彩水彩作家の個展が離れだした。あ
るいは店の方針で書道展に力を入れたせいかもしれない。しかし、私はギャラリーの企
画力に原因が有るように思う。設備が良いのだし美術ファンの好感度も有るのだから、
作家側を向いた経営をしてくれれば利用者は増えるだろう。
流行り廃りのある品物を売るのも経営者としては大事だろうが、ギャラリーは作家の支
持がなければ離れてしまう。隣接するさいとうギャラリーや近所のアートスペース20
1やギャラリーユリイカも空洞化の波をもろにかぶっているようだ。
札幌駅周辺に設備の良いギャラリーが出来れば南1条のこの地域は本当に危ない。なん
とかならない物だろうか。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-30 00:46 | 冗舌亭日乗
2006年 03月 20日

ギャラリーA室 2006年個展出品作抜粋

雨のモンマルトル(F6)
f0019379_2164414.jpg

富良野冬日(F3)
f0019379_217070.jpg

手稲晩秋(SM)
f0019379_2171683.jpg

初冬の手稲連山(F3)
f0019379_2173031.jpg

風の街(F3)
f0019379_2174550.jpg

銭函天狗岳寂光(F30)
f0019379_2175772.jpg

冬の銭函海岸(F5)
f0019379_2181061.jpg

小樽運河(F10)
f0019379_2182322.jpg

富岡教会(F30)
f0019379_2183617.jpg

積丹の浜-野塚(F30)
f0019379_2185550.jpg

風に棲む(F30)
f0019379_2192086.jpg

紋別の浜(F30)
f0019379_2193426.jpg

旭岳冠雪(F15)
f0019379_2194548.jpg

冬の丘(F30)
f0019379_2195969.jpg

リヨンの壁(F3)
f0019379_21101176.jpg

風韻の碑-記憶(F15)
f0019379_1434687.jpg

時刻(とき)の記憶-ざくろとハス(F8)
f0019379_0454652.jpg

室内-ザクロとハスの枯花(F30)
f0019379_138729.jpg

冬の声が聴こえる〈Ⅱ〉(2008年 第83回道展入選)(F100)
f0019379_1557977.jpg

跡地 (2009年 第84回道展入選)(F100)
f0019379_22121883.jpg

[PR]

by kotendesky | 2006-03-20 00:00 | ギャラリーA室
2006年 03月 16日

…のようなもの

絵を描いていると、ときどき「良い趣味ですね」と言われます。
たしかに今の私には趣味という程度の作品であるという評価は妥当なことだと思います。
しかし、『趣味かあ』という気持ちは正直に言えば確かにあります。
では、何だと言われると簡単には言えないもどかしさも感じます。

亡くなったロケット工学の第一人者糸川英夫博士は東大の教授であった方ですが、政府の各種の委員を勤められた碩学にとどまらず、研究の傍ら「クラシックバレエ」をステージを借り切って発表するほどの真剣さでありました。
しかし糸川先生は「バレエは趣味」と広言してはばかりませんでした。
そこが人生に於ける余裕というか多様な才能の持ち主というかそういう方だからこそ「趣味」と言い切れたのだと思います。

では、凡人の私は絵を趣味としているのだろうかと自問することがあります。一回だけ個展を開いたからと言って専門家とは思っていません。自分で言うことではありませんがもっと謙虚にとらえています。
でも、趣味という括りの中に自分の活動を規定するほど中途半端な気持ちで絵を発表しているつもりもありません。
公募展に出品し審査を通過すれば一応世間の評価は趣味から一歩抜けたような扱いになり、受賞すれば価格も決まります。このようになれば専門家という一人前の評価は与えられると今の私は思います。

では、公募展は絶対評価もしくは尺度でしょうか。
私は、必ずしもそうは思いません。

公募展などの美術(運動)を30年以上見てきた経験から、本格的に絵を描く前から作品の善し悪しは人よりは分かるつもりで居りました。
「なんでも鑑定団」というテレビ番組がありますが、テレビという狭い視野でも一目見ただけで本物か偽物か、高いか安いかは9割方当たります。それは美術作品というものが備えていなければならない要素がきちんと備わっているかどうかと言うことと、作品として美しいかという点が基本です。
模倣や折衷でない独創性、作品としての主張、新規性、技術、気力あるいは問題提起など時によって様々なアイテムを総合して美術の評価は固まります。
そういう尺度で自分の作品が世間的に見てどの位置にあるかは分かりますし、謙虚にならなければいけない理由でもあります。

一発だけ良い作品を描いても、継続して安定した力があるとは限りません。力とは繰り返し同じレベルの良いものが描けるかという事でもあります。作家の意図する主張が画面にきちんと約束通り表現できるかどうかと言うことでもあります。

多くの作家と接してくると、作家は実は不安な部分を抱えていることが分かります。作品を描いてもいつも十分自信があるわけでもありません。そのようなときに作家自身の唯一の味方になるのは冷静に美術作品という不確かな基準のものに評価という尺度を当てはめることが出来るかどうかではないでしょうか。

もう一つ重要なことは反復して作品を創り出すことと継続して発表し続けることです。作家の主張を観る人に提示し続けることこそが趣味と専門家の分かれ道であると思います。

そのような事を念頭に入れると、自分の位置は「趣味のようなもの」、「作品のようなもの」、「…のようなもの」という不安定なものであると言う結論に至ります。

堂々と「趣味です」と言えることはあるいは本当の自信であるのかも知れません。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-16 23:50 | 冗舌亭日乗
2006年 03月 13日

すばらしい再会!

個展が終わった。
たくさんの皆様が訪れてくれた。芳名帳も2冊になった。220名くらいの方が記帳してくれた。記帳されない方も含めると600から700名の皆様が訪れてくれただろうと推測する。
もちろん、個展を後押ししてくれた方や直接間接にご支援くださった方のお陰で、緊張する6日間を乗り切れたのだと思う。ありがたいことだ。
今回は初めて作品と呼べるレベルの絵を鑑賞して頂いたが、多分に川上という男の絵画がどんなものなのかという興味で見てくれた方が多いことは言うまでもない。
個展は一度で完結するものではなく、次やその次が本当の意味で作品の評価を下されるものだと思っている。
その意味では、2回目が今回を超える自分自身の精進の結果を発表しなければならない。厳しい日々を一歩一歩着実に積み重ねなくてはならない。
作家人生のスタートを切っただけであることは十分理解している。個展は連続して初めて意味をなすことも理解しているつもりだ。人生の価値がその作品のより高みへの昇華によって鑑賞者に判断される。厳しい世界に足を踏み込んだものである。

最終日に、思いがけず昔お世話になった方にお会いした。
その方は香西智行(こうさいとしゆき)さんという。堅苦しく書くと有限会社コウサイ福祉機器研究所の社長さんだ。しかし私たちは「こうさいさん」と呼んでいる。

感動の続きはこちら
[PR]

by kotendesky | 2006-03-13 23:48 | 最新情報
2006年 03月 12日

千秋楽です

f0019379_0315133.jpg
大丸藤井セントラル(このビルの7階がギャラリー。2階分吹き抜け、天井高3メートルの本格仕様)
f0019379_0324033.jpg
最終日もお客様は切れ目なく訪れてくださった。

無事個展が終わりました。
たくさんのみなさまが訪れてくれました。
色々な出会いもありました。
私の作品を評価してくださったみなさまに感謝。
とりあえず、この場を借りて御礼申し上げます。
本日は思いがけず感激の対面がありました。思わず落涙するという感動を伴った対面です。
f0019379_034131.jpg
(あるものがたり)
その詳細は明日アップします。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-12 23:22 | 最新情報
2006年 03月 11日

5日目です


夕刻、衆議院議員の鉢呂吉雄さんが来廊。右は須田靖子道議会議員。
f0019379_23165177.jpg



再訪のお客さん

個展会場を再度訪れてくれるお客さんが居る。この人達はたいてい「絵の雰囲気に浸りたくて来た」と言う。
『温かな冬景色』の絵を中心に、左右に空の色を微妙に移り変わる色使いの絵が並んでいる。全体を色調や題材の順序を吟味した作品並びになっている。これが居心地の良い空間の理由らしい。
中央にお菓子とお茶やジュースを出してある。来客は私たちから紙コップにお茶をサーブしてくれる場合もあるが、忙しいときは自分で飲んでと言う事もある。
見ず知らずの方でも大分馴れてきたのか、馴れた客が居るからくつろぐのか、サロンと化しているている場合もある。まあいいか。

高校の先輩で親友として付き合っているT氏が午前中来訪。札幌中心部銭湯データベースの話を聞く。背景の絵柄、椅子の高さ、洗い場のカランが二つか湯水混合栓かなど銭湯探訪の読み物をまとめつつある。興味を持ってしばし歓談する。名人芸のマジックの話も興味深く聞く。話が尽きない。結構なことだ。
他に高校の同期で美術部の友人も来た。柔道部にも同時在籍していた猛者だった男だ。卒業直後は同じアパートに住んでいた。上京したときは私の所にしばらく居候した関係だ。
画用液とホワイトの話をする。絵肌の違いを画面をさわりながら説明する。
「金魚鉢にガラス玉を沈めると、空気中よりかがやいて見える。これがワニスの効果だ。ガラス玉が顔料で金魚鉢がワニスである」という理論を伝授する。
妻の友人がグループで再度訪れる。初めて合う人も連れてきてくれる。娘さんを連れてきてくれた方もいる。

夕刻の国会議員の来訪は、隣室の方々にも知れたようで、私が何者かという雰囲気の顔をしていた。この方も絵が好きで案内状を見て特に時間を作ってきてくれた。ありがたい。固く握手し、互いの信頼を確認する。民主党の元の国会対策委員長だ、全国の皆様にもおなじみの顔である。知ってる人は知っている。

妻の中学の担任だった元先生や、現職の中学教師(美術)の竹津氏(水彩作家)も来てくれてしばしスペイン取材の歓談する。親戚も来てくれた。
今日は千秋楽の前の日という事もあって、ポットにコーヒーを出前してもらって、少し奮発した。
あすは千秋楽。再びポットにコーヒーを用意して振る舞う予定である。
皆さんにくつろいで頂きたい。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-11 23:15 | 最新情報
2006年 03月 10日

4日目です

f0019379_23202524.jpg

今日もたくさんのお客様が見えた。芳名帳も残り3枚、明日にも第2巻を用意しなければならない。サインしてくださる方は3分の1か4分の1だろう、推定来客数は何名になるのだろうか。

本日地元紙に好意的な記事が掲載された。
初日の早朝に取材に見えた札幌タイムスの五十嵐記者に感謝したい。(クリック=拡大)
f0019379_23245266.jpg


本日も素敵な出会いがあった。
大分以前、水彩画の個展に行ったとき美しいはがきを頂いてきた。偶然にも住所が近くだったので、親しみがわき、今回のご案内をさせて頂いた。
そのご案内を見て、会場にいらしてくれたI氏は画家として随分長くなる大先輩である。
秘伝のスケッチ技法を丁寧に教わる。
画材の油彩という道具の重さに、また、冬の風景画というジャンルのために現場主義という看板を返上せざるを得ないが、そこをうまく何とか現場主義を損なうことのない方法を伝授してくださった。
近所の住人というだけで、いわば企業秘密の一端を明かしてくれる鷹揚さに、いたく感服した。その包容力のある風貌と優しいまなざしにご案内させて頂いて良かったと心底感じた。
こういう人生のうれしさがたまらなく素敵だ。
個展を決断して本当に良かった。後押しをしてくれた皆さんに感謝したい。

本日も、小品を買って頂いた。
生まれて初めて自分の作品にお金を払ってくれた方が、個展という事もあろうか、ご祝儀という意味もあろうかと思うがこの世に居るという事に驚きが先に立つ。精進すればいつか報われる日が来るのかも知れない。
人間謙虚さが大事である。心して邁進したいと密かに誓う。

明日から週末の連休である。お客様が大勢いらしてくれることを願いたい。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-10 23:44 | 最新情報
2006年 03月 09日

3日目です

f0019379_0312212.jpg
個展3日目の街は今日も忙しい。

f0019379_0345285.jpg
「行ってらっしゃい」のチーコ。少し寂しげだ。『来週からたくさん遊ぼうね。』


何とか身体のリズムが個展に馴れた。
今日は最高に身体が軽い。4時間しか寝ていないのに立ちつくしの8時間も乗り切れそうだ。
疲れてはいるが、個展を開いている人は皆疲れる。
午前中イラストレーターの石垣君が来訪してくれた。彼とは絵柄や色使いが似ている関係で「一緒に作品展をやらないか」と誘う。親子ほども年齢が違うが同じ作家業だ、同志関係である。

昼近くに師匠の木嶋良治先生来訪。本日は機嫌がよい。
昨年9月頃5,6枚の絵を持ってアトリエを訪ねた折りには様々なアドバイスを頂いた。その後の踏ん張りを評価してくださった。弟子を前にして
『これほどまで色使いが近づいた弟子は君が最初だ』
と過分なおほめを頂く。お世辞など言わない先生だが半分としても私にはうれしいお言葉であった。
『ここは白を重ねてご覧、もっと重みが増すぞ』とか
『リズムが単調だからこの辺は少しリズミカルに繰り返したらよい』
などと上機嫌な言葉の中にも適切なる指摘を受ける。
次は2年後のこの部屋を仮予約しましたというと、『おう、楽しみにしている』
と励まして頂いた。
有言実行である。「次」が大切であることは不肖の弟子だが、十分わきまえているつもりだ。


f0019379_036711.jpg
絵を観る人

絵を観に来る人には何種類かの分類が出来そうだ。
①絵が好きで画廊の雰囲気に浸りたい人
②絵を観ることで自分の批評眼を磨きたい人。評論家的なこういう人が本当は大切なのだ
③自分でも絵を描く人で、他人の絵を観て勉強したい人。こういう人は自分の後ろ姿を観ているようで可笑しい。絵肌をなめるように技法を解読しようとしている姿が理解できる
④絵の具の使い方を質問してくる人。独学の人もいるが、先生について絵を習っている人もいる。残念なことに油絵の具の化学的な性質を十分理解しているひとが少ない。生徒にそれを十分指導できていないか生徒が知ろうとしないかのどちらかだろう。大学と違って社会教育ではその時間が取れないことも理由だろう

世の中には絵を理解出来ている人は数多くいる、生活の潤いであるというとらえ方も出来る。絵に命をかけて他人と戦っている人もいる。
いずれの場合でも描くこと、ビジュアルに表現することが好きでたまらない人達だ。

作品を観せる側に立ってみて、観る人の姿を観察することで絵の価値のとらえ方が一様でないことに今更ながら驚く。部屋の装飾、生活の潤いあるいはアクセントととらえる人もいる。肩肘を張って絵の価値を解くつもりはないが、結局は観て美しく感じるものは、絵に限らず多くの理想的条件、理論的整合性が備わっているものだと言うことは出来る。

朝方、代議士事務所から電話で議員のスケジュールのレクチャを受ける。土曜日の忙しい合間に会場に来てくださる。ありがたいことだ。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-09 23:45 | 最新情報
2006年 03月 08日

二日目です

今日も素敵な出会いがあった。
私が習った木嶋先生の以前の赴任校である道立八雲高校の卒業生で、札幌市に在住のTさんという女性。
「絵画の先生はどなたでしょうか」とお聞きになる。
「札幌東高校で木嶋先生です」と私。
「やはりそうでしたか。木嶋先生の面影が画面に出ている」とのこと。
やはり木嶋先生の絵のファンで、数年前の師の個展で作品を購入なさった由。
私が編集上梓した木嶋先生の画集(北辺の啓示-木嶋良治画集・道都書房刊)も書店で購入してくださったとのこと。感謝申し上げる。

私の作品が木嶋先生の影響を強く受けているのは自他共に認める事実で、Tさんはその事がむしろうれしいとのこと。この方は早速木嶋先生と私の作品とを並べて飾ってくれるとのことで、作品を購入してくださった。

弟子である私の絵を見ながら八雲、札幌その他の都市も転勤などで過ごされた事などをしばし歓談する。師の思い出や絵の主題である小樽運河のことなど、高校は違ってもうち解けてあれこれを語ることが出来た。丁寧にお礼を述べて作品をお持ちいただいた。

木嶋氏と私は天と地ほども立場が違うが、彼女は高校の教師が生徒に自分の知識や哲学、技術を伝え、それを持ち続けている私にちょっぴり共感と評価を与えてくださったようで、とてもうれしい。多分Tさん本人もそうした幸せな人生を歩んでおられるのだろう。個展を開催して本当に良かったと思った。

開場前から待っていてくれた、美術ネットのヤナイ氏、他には運河の絵を見ながら古い時代の小樽を話してくださった80歳代の女性、自分の絵画の参考にと写真に撮らせてくれと言う老男性など、2日目にも楽しい人たちとの語らいがあった。

本日は、滅多に会えない長兄が会場に来てくれた。長兄は北海道教育大特美出身で美術の教師から道立高等養護学校の校長にまでなった。現在は定年後市内の幼稚園教諭や保育士の学校で教育にあたっている。しばし絵画談義。弟に対して遠慮がちなしかし適切な批評を聞く。
f0019379_040454.jpg


お客様も相変わらず間断なく訪れてくださっている。
f0019379_041713.jpg
右は少し疲れ気味の筆者。
f0019379_1173266.jpg

[PR]

by kotendesky | 2006-03-08 23:55 | 最新情報
2006年 03月 07日

いよいよ初日です

個展が始まりました。
f0019379_2149757.jpg

f0019379_220656.jpg


朝10時に開場とともに地元紙の取材。作品前で写真撮影。緊張しました。
10日に掲載されるそうです。その他朝日新聞地元版夕刊には9日掲載。

たくさんのお客様が見えました。ワイフの友人・知り合い、親戚、お世話になっている評論家氏、小樽市美術館長様、知り合いの市議会議員様、他のギャラリーの管理人様、道展会員中堅女史お三方様、歌人の皆様、政治塾の同期生、美術ファンの方々などなど。
皆さんにおほめ頂き2年間に36点を描いた事に驚きの様子。本当に思いきって個展を開催して良かった。
多くの出会いと感動、そして感謝。
本当にありがとうございました。十分な対応が出来なかった皆様も数多くいらっしゃることでしょう。未熟な自分に激励を戴いた皆様、感謝申し上げます。
f0019379_21581674.jpg

f0019379_21561342.jpg
f0019379_21563056.jpg
f0019379_21564077.jpg
f0019379_21565036.jpg
f0019379_2157693.jpg
f0019379_21571620.jpg

作品の展示はこのような感じです。
[PR]

by kotendesky | 2006-03-07 22:00 | 最新情報