(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ギャラリー放浪記( 50 )


2007年 01月 23日

第178回伊藤太郎水彩画展

1月23日から28日まで、さいとうギャラリーA、B

今回で実に178回目という水彩画個展。
40年に姫路市生まれ。72年に北大院卒。77年理学博士。78年から毎年パリ大学客員教授。

この略歴で想像がつくように伊藤さんは理工学の教員の傍ら長く情熱的に滞在先で水彩スケッチを物した。
会場には独特のタッチの水彩画が44点と10数点の小品が展示されている。
f0019379_16474557.jpg
f0019379_16480100.jpg
ベレーの伊藤さん。フランス語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語そしてクロアチア語他が堪能で特にフランス語は寝言に出るというほどだそうだ。もちろん英語は必須。
学者は外国語で発想する方が自然だ。
f0019379_23252654.jpg
マイセンの赤い屋根。
磁器で有名なマイセンの町並みだ。この作家としてはめずらしく色を重ねて重たく仕上げている。

f0019379_16484224.jpg
カラッシオの古城。
半分朽ちかけた石の外壁を緑の中に穏やかな目線で描いている。
f0019379_0816.jpg
ブレーメンの昔の小路。
ブレーメンは今回の個展では数多く描いているが、これは古く狭い路地深くに陽が差した光景だ。
多分、一瞬か非常に短い時間陽が当たった所を描いたものようだ。
筆は、粗密強弱のリズムが良く明暗は穏やかだが適切だ。
f0019379_1650450.jpg


画家の道具。
独自に製作したという竹ペンの製作工程。これは奥から特別に出して説明をしてくれた。左から3番目の穴をうがつことで溝を切る時の割れを防ぐ。
特にペン先の長さと幅と切り口の摺り合わせが命だという。出来たペンは麻糸で結んでテーパー部分で線幅を調整する。
「つけペンの長さは3,4センチ、幅は2ミリがベスト」と数字で説明される。
このペンがあるからアルシュ紙(厚手)の紙目に負けずにスミの「かすれた線」が引けるのだそうだ。写真には写っていないがスケッチの際は0.4ミリほどの水性ローリングペン(製図用か?)を使用。
f0019379_1651478.jpg
切り口の合わせが伊藤式竹ペンの命。
f0019379_16502183.jpg
そしてスケッチの際の道具。ニュートンのミニチュアセットとフィルムケースの水入れ、筆は二本だ。
それらを背広の内ポケットからひょいと出すところが洒落ている。
f0019379_1650422.jpg


実は、ご自宅のすぐ近くに筆者の住まいがあるのだが、まだ訪問がかなっていない。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-23 16:52 | ギャラリー放浪記
2007年 01月 14日

第13回みなもの会新春日本画展

筆者にとってこの数年は、この展覧会がその年のギャラリー放浪のはじめとなっている。
言わずと知れた中野邦昭さんの教室合同展。
というより、13回ともなるとそれぞれの作家が立派に個展を開ける実力が
あることがよく分かる。
セントラルスカイホール全室1月14日まで。
f0019379_15174553.jpg
f0019379_15175760.jpg
f0019379_1518112.jpg
正月らしく天井に届きそうな豪華な生け花も展示されている。天井は五メートル近くある。

f0019379_15182417.jpg
佐賀彩美さん『はるかぜⅡ』。
レンギョウの気品をコンパクトにまとめて表現している。背景のグレーと春の風に踊る花の黄色が
十分響きあって静謐でいて豪華な画面構成になっている。

f0019379_1518365.jpg
津田真知子さん『爽秋』。
背景の紙を揉んだおもしろさは良いがバルールがわずかに強く感じるのは筆者だけだろうか。対象の女性の表現はこの人独特の落ち着きがある。昨年の作品の肩から首へのつながりの解剖学的フォルムの課題が今年は克服されていた。

f0019379_1547916.jpg
鈴木恭子さん『秋桜』。
コスモスの描写の年季が感じられる秀作。

どの作品も、それぞれの段階での完成度は高い。
一つだけ気になったは、背景の造形にこだわりすぎて十分に対象を生かし切れていない惜しい作品もあったことである。そうはいっても多色を散りばめた独特の背景がこの会の特徴であることと、非常に難しい処理なので十分な完成度があることからほんの少しバルールを調整することで作品は一段も二段も格が上がることを考えれば来年の新春日本画展が楽しみである。
[PR]

by kotendesky | 2007-01-14 15:18 | ギャラリー放浪記
2007年 01月 09日

光るつらら

ニュースで光るつららプロジェクトの模様が放送されていた。
北海道東海大学の田中浩也さんらのプロジェクトで真駒内公園に展示されているという。
f0019379_23583911.jpg

水を専用の容器から垂らして戸外に設置し中に仕掛けた発光ダイオードで美しく光らせる。
何と美しい造形だろう(と思う)。
つららを外部の水で制作する方法は考えつきやすいが、自ら成長するつららを「栽培する」という発想がよい。
プレスリリース(クリック)
[PR]

by kotendesky | 2007-01-09 00:00 | ギャラリー放浪記
2006年 12月 10日

ダリ回顧展

f0019379_0294743.jpg
上野の森美術館で開催中の「ダリ回顧展」を観てきた。

行列が出来ているというので、午後3時過ぎに着くようにした。
さすがに外には行列は出来ていなかったが内部は行列状態だった。
これから行く人は夜6時まで開いているので、午後4時くらいに着いて、
ゆっくり観る方が賢明だ。1月4日まで休み無しに年末年始も開催している。



 混雑のため、展示内容は良く把握できなかったが、最終室の
「世界教会会議」という作品にダリの思想が凝縮されている様に感じた。

会場内の人混みの中で作品を目の前にしながらメモ用紙に機関銃の
ように書いた記事を記しておく。

------------------------------------------------------
「世界教会会議」(油彩+キャンバス)

 コンスタンティヌスは、母ヘレナの十字架によって戦争に勝利した。
ダリはガラの姿をヘレナに模して教皇コンスタンティヌスの
戴冠式の様子と共に描いている。

最終室のこの作品はダリとガラの精神的結びつきを示すものとして
ダリ至高の作品であろう。
それは、ガラとダリの情念の結びつきや絵画思想そのものをダリ自身が
可視的にかつ説明的にそしてダリにとってはきわめて平明に素直に
表現しているものだと言える。

キリストによるとおぼしき洗礼と祝福はコンスタンティヌスの苦しみ
(それは逆説的に描かれているが)を通じてさらに皇帝の戴冠式という
重要な式典の情景を通じて厳しい現実と向き合わなければならない
という描写を用いて戦いの愚かさを表していると言えよう。
------------------------------------------------------

ダリの作品からは孤独と深い悲しみを私は感じる。
これほど人間は孤独なものなのだろうか。
その傍らには常に最愛の人ガラが居るわけだが、
それとて、男女の関係というよりむしろ母と子の屈折した
関係だ。

重要なモチーフである松葉杖と乳房やペニスの描写は、
まさに、ダリのテーマが性愛と孤独を表現することに
すべての仕事と情熱を賭けて執着したかに見える。
それは熟したメロンを乳房に見立てて松葉杖で突き刺さざるを
得なかった幼い日の衝動をもっても説明できる。

壮大なダリの生涯の仕事だが、私は彼の作品には孤独を強く感じるのである。
心の底から愛すべき巨匠である。
いつまでも自らの少年にこだわらなければならなかったダリは悲しい。

世界…のURL
ダリ回顧展のURL
[PR]

by kotendesky | 2006-12-10 01:16 | ギャラリー放浪記
2006年 12月 06日

ギャラリーどらーる10年の活動に幕

どらーるが今月の川口浩さんの個展で10年の歴史に幕を下ろすそうだ、
関係者の、特に坂本社長のご尽力に感謝したい。
どらーるは企画展専門のギャラリーとしてオープンから大物のコーディネーターが企画した数々のヒット企画を生み出した。
近年は2月に寒昴展という若手数人の共同展示が成功し、どらーるがベテラン中心の企画という固定をとりはらったばかりで、クローズが惜しまれる。

どらーるの最初は、立ち上げから矢崎勝美さんが関わり同時に企画展のプロデュースも担当した。
その後、吉田豪介さん、柴橋伴夫さんがプロデュースを担当し、近年は吉田さんが再びコーディネートした意欲的な企画が人気を博した。
毎月1ヶ月間の展示の最初の日にオープニングパーティーを開催し、多くの関係者が出席した。さらに展示には毎回道展の西田さんや西村さんらが参画し、これらの実力者が主体となり展示に厚みが加わった。

作家の選定も気力体力の充実した中堅クラスの重量系作品が質量共に充実し、多くの企画展の中で群を抜いた展示パワーを見せていただけに、閉鎖を惜しむ声は大きい。

もとより企画展は、作家の選定に最も気を遣い、偏向せずしかも気力体力とも横綱にふさわしい作家を招聘するなどきわめて重い作業だ。
吉田さんはじめコーディネーターの洞察力や意気込みは相当なものだと言うことが伝わってくる。同時に信頼されている吉田さんらお三方だからこそ皆が納得する企画だったのである。

クロージングをかねた今月のオープニングパーティーは会場に入りきらない人達がロビーまであふれて談笑するなど、このギャラリーの果たしてきた役割の大きさにあらためて坂本社長の存在の大きさを感じた。

公募展の枠を超えた作家の交流や企画の流れ、そして野田弘志さんの秘蔵っ子など本州の作家の招聘は将来北海道美術のシーンで語り継がれることは間違いない。

クローズは残念だが坂本氏ら関係者の皆さんへの感謝が素直に言える。
記憶に残るギャラリーだった。

企画ギャリーどらーるのサイト

【この記事は12月7日に改作しました】
[PR]

by kotendesky | 2006-12-06 02:24 | ギャラリー放浪記
2006年 09月 09日

矢崎勝美展  9月9日まで 時計台ギャラリー

f0019379_2443087.jpg

国際的に活躍中の矢崎勝美さんによる、恒例の時計台ギャラリーでの個展です。
今回も、オフセット+セリグラフ+デカルコマニー+エアブラシによる混合技法のすべての作品が『COSMOS』と題する版画です。

数年前からオフセット印刷のケント紙と思われる紙にマーブリングを施しさらに薄い調子のセリグラフィーを乗せる複雑な手法を用いています。
てっきり、セリグラフィーはグラデーションの部分だと思っていましたが、グラデーション部分はオフのようです。
オフ刷りの用紙をバットに張った水に浸ける(マーブリング)という冒険を作家は端から見るといとも簡単に行ってしまいます。
最近はその上に(半)透明の繰り返しパターンのセリグラフィーのインクを乗せるようです。
セリグラフは、天才刷り師佐藤浩二さんによるものと言われております。
水張りをするのかと思っていましたが、そうではないようです。
これ以上は作家の秘密でしょうから詳しく書けませんし、詳細はお話しもしてくださいません。
『うう~ん、まあ…』という具合です。
f0019379_2445212.jpg

ただ、スタジオにはセリグラフまでの未完成の紙を何種類かの組み合わせであらかじめ並べて、作品の出来上がり具合を眺めるという段階はあるようです。
スタジオの広い床にパターンの紙を並べた所は壮観です。

f0019379_2444257.jpg

大作の他に中程度の大きさの作品もあります。
こちらは一枚単位で仕上げることが出来そうです。

今展の特徴は、銀河を縦断するような十字の構図が全体のイメージだと思いました。

昨年は、文字通りデカルコマニー(転写)も併用していましたが、今回は以前のような手法に戻りました。

会場の入り口には今秋であろうパリでの個展の案内がフランス語で掲示されていました。
ますます海外活動で活躍する矢崎COSMOSは休むことを知りません。
[PR]

by kotendesky | 2006-09-09 03:26 | ギャラリー放浪記
2006年 09月 06日

大路 誠展  〔ギャラリーどらーる/9.1~30〕

f0019379_3155092.jpg

大路誠さんは広島市立大学大学院博士後期課程(造形芸術専攻)を修了した。
1976年大阪市生まれというから、今年で30歳になる。
2001年から6年間、銀座の東邦アート他で同大学の卒業生選抜展に出品し、どらーるの坂本社長の眼に止まった作家である。毎回必ず札幌からの芳名帳記名があるので不思議に思っていたところ、思いがけず今回の個展開催が決まったとのいきさつだそうだ。

大路さんは徹底したリアリズムの中にメッセージ性を吹き込み、観るものを飽きさせない力量の持ち主だ。
吉田豪介氏は個展の紹介文に次のように書かれた。
「…この深い静けさを演出しているのはテンペラと油彩の混合技法である。(中略)…彼が捉えようとする本質は、生きとし生けるものたちが宿命として抱え込む死生観だという。必ず訪れる死を嫌悪するのではなく、はかない生をいとおしむ時こそ美の感動が磨かれるというのだ。」

この文章で言っている作家の死生観は、むしろ生を賛美し、生と死の連綿と続くこの地上の物語の穏やかさ平明さをあえて抑えたタッチで物静かに語っていると思う。
f0019379_3193187.jpg

f0019379_3194762.jpg
f0019379_320089.jpg

上から肖像(継承)P20、連鎖M50、肖像(影)P20である。
この3点の作品が壁の一面に左から順に並べてある。
文字通り連鎖は命のつながりである。
左に肖像(継承)の女性が居る。彼女は被爆者だという。継承という注釈はその年齢から考えて胎内被爆と推察されるが、作者はこの注釈に加えて女性の緊張した肩や手の組み方をあえてリアルに描いている。
もう一方の老男性が描かれている方は注釈が(影)となっている。彼が生きた人生の投影にあえて被爆現場写真の人影のように横向きの形象を用いている。
本来なら人物への光の当たり方からしてもう少し下方に影は出来そうだが、敢えて等身大とも言える部分にしかも濃い影を投影させている。
そこに、作者の意図する原爆への抗議が示されていると言う気がする。
あるいは作者はそのようなことを全く意図していないかも知れないが、強い影を肖像画につけたという点にこの絵画の目的があることは明白であろう。
この2点は所属していた研究室のプロジェクトで、毎年院生がヒロシマ被爆者の肖像画を描き、まとまった数を将来はアメリカで展示される企画のものだそうだ。
その中心にそのキャプション通りの絵がある。「連鎖」である。
時計が内臓をむき出しにされ、羽毛と貝殻が細い麻ひもでつながっている。
時計は明らかに現実世界を表象し羽毛は死あるいは霊魂を示し、貝殻は静寂を強調する。その棚を麻ひもがつなぐことで、作者は生命の継承のみが持つ武器への穏やかで無言の抗議を表したいのではないかと思える。
麻ひものリアリティーは、本質に迫ろうとしてむしろ本質を超越した存在の高みに達したのではないかとさえ思わせる。(下図=拡大)
f0019379_348475.jpg


もう一点は「生命」F100である。(下は部分)
f0019379_3501610.jpg

f0019379_3515120.jpg

この毛髪は0.1から0.2ミリほどの細い線だが、作者は執拗なまでに本質に迫ろうとしている。
髪は白、セピア、黒へと変化するが、本質に迫ろうとしてむしろ現実から一歩踏み出そうとしているようにさえ思わせる。本来なら若い女性の黒髪のしなやかさを描くところだが、毛先は観ようによっては老婆のものに見えるのは、時間の流れを意図したものだとしたら、この作者の慧眼はただ者ではないように思わせる。
その他、花葬(S30)、水源(M30)、朧月(S30)も佳作である。

(画像は許可を得て撮影したものである)
その他の画像
[PR]

by kotendesky | 2006-09-06 04:24 | ギャラリー放浪記
2006年 08月 28日

小樽美術館へ

最近、車の運転が億劫になって、小樽や札幌駅周辺にはJRを利用しています。
27日は小樽へ。
「ほしみ」から乗車すると銭函駅からは海の景色を観ながら張碓、朝里、船浜町など絵になりそうな景色を通過します。小樽築港を過ぎると南小樽から小樽までは本日お目当ての小川清さんワールドが続きます。
小樽駅に到着すると、改札口をでる前に3,4番線ホームに上がります。
目指すはトドの剥製ではなくその後ろにある『小樽ステーションギャラリー』です。
ここは雰囲気がものすごく良いところです。入場無料。窓からは駅コンコースが見下ろせます。
f0019379_0562735.jpg
f0019379_0563972.jpg

今回は旭山動物園ポスターでおなじみの動物写真家の今津秀邦さんです。
f0019379_0565040.jpg

f0019379_057592.jpg

その後、一路市立小樽美術館に徒歩で向かいます。残暑の日差しは相当強く水分補給は欠かせません。
f0019379_057206.jpg

本日は、小川清・鈴木吾郎展の鑑賞です。

美術館を入ると向かい側の壁にいきなり「小川清さんの『雨後の路地』」が掲示されていました。
数ヶ月前に朝日新聞で作品紹介がされていました。
その左側は鈴木吾郎さんの等身大ブロンズです。
コンコースの派手な演出は今後2年間で小樽ゆかりの作家の連続展を開催するという意気込みが感じられます。
展示室は撮影禁止なので作品は図録を購入するのが良いでしょう。
小川さん、鈴木さん共に一冊1200円の安価でそれぞれA4版40ページのしっかりした図録が用意されています。編集は同館学芸員の星田七重さんです。彼女は学芸員としてこの美術館の中心的存在です。今後もますますの活躍を応援しています。
この図録の印刷は中国でなされたもので、以前別の作家に聞くところによると日本国内で印刷するより相当安価に出来るそうです。中国や韓国の個展では作家個人の図録を作って配布するというのが習慣のようです。日本とは随分と様子が違うなあと思います。
もちろん小樽美術館の展示は迫力あるものです。
3階の市民ギャラリーの水彩個展と写真グループ展も見応えがあります。
f0019379_057314.jpg

上の写真は、美術館の山側の手宮線跡からのポプラの大木です。
いつか絵に描きたいと思っております。

私の小樽美術館訪問は月に一回定期に行っております。
美術館の後は大抵駅前の旧ステーションホテル一回の『ロートレック』で美味しいコーヒーを堪能するという習慣です。
ここのコーヒーはむかしとちっとも変わらず上質な豆を自家焙煎で提供しています。コーヒーの芳香がこれほどのものは他の店にはありません。それでいて価格はリーズナブルです。
カウンターのマダムやマドモアゼルはいつも美人です。我が家では普通『美人のコーヒー』と呼んでいます。
本店のマリーローランサンもおすすめです。こちらでは焙煎やケーキを焼く工房も兼ねています。
帰りの電車は大抵がら空きで、好きな席に座れます。左側の座席ですと海の見える石狩湾一望のしばし観光が出来ます。
[PR]

by kotendesky | 2006-08-28 01:45 | ギャラリー放浪記
2006年 08月 27日

村谷利一個展/吉川恵美子・本宮順子姉妹展

村谷利一個展

道展会員の村谷さんの個展。
従来の小樽らしき身近な町並みの絵から一変して、石狩河口や張碓などの風景を詩情あふれるタッチで描いています。
f0019379_124678.jpg


f0019379_125962.jpg


f0019379_131044.jpg

風景画というジャンルは実景の描写も非常に大切ですが、画面構成というもう一つの創作も重要です。
スケッチから作品に仕上げるという作業はやはり何枚ものデッサンやエスキースを描いてからでなければ出来ません。
村谷さんは小樽市塩谷にアトリエを構えたそうです。
[時計台ギャラリー06年8月21日から26日]

同じ会場、同じ会期で
吉川恵美子・本宮順子姉妹展

こちらは本宮さんに必ずお知らせをくださいねと約束していた姉妹展
古希、還暦という姉妹ですが、お二人ともとてもそんなお年には見えません。
作家もそうですが、作品も若々しい。

f0019379_1155796.jpg
f0019379_1164253.jpg
f0019379_117063.jpg

上から「厳冬の漁港」、「晩秋の香Ⅰ」「雪原の樹」いずれも本宮順子さんの作品。
重厚な下地マチエールを作りその上に薄塗りで仕上げる作風です。厳冬の漁港は黒百合会に連なる伝統的な画風です。
下の作品は姉の吉川恵美子さんの作品「凍(しば)れた朝」。冬の道庁の絵ですが、他に秋の北大や80号の風景画もありました。秋の北大キャンパスの枯れた情景を描いた渋い作品は来年のろうきんカレンダーに採用が決まったものです。
f0019379_1171336.jpg

[PR]

by kotendesky | 2006-08-27 01:14 | ギャラリー放浪記
2006年 05月 05日

山岸せいじ個展 -ツヅクコト

山岸せいじさんの個展に行ってきた。

場所は旭が丘のギャラリー門馬。本館とANNEXに作品が並べられている。
アネックスの細長い会場の写真をアップする。
f0019379_01275.jpg

f0019379_012286.jpg

白い廊下のような空間に作家は様々な表現をする。
今回、山岸さんはその空間を時空と見立てた時の流れを表現する写真を連続した作品を発表した。
一枚1.8メートルの透明アクリルの帯を6枚。10メートルに渡って流し撮りのような写真をつなげた。
それぞれは、車の中にカメラを固定し、窓からシャッターを切った作品である。スロウシャッターのため、背景が流れて一枚の写真の中に時間が固定されている。

最初のコピー機を使った作品の連像は、作者の鬼気迫るものがあるのにくらべ、最近のは、緩やかな時間の流れを表現しているようだ。初個展から10年だそうである。その間に流れた時間の積み重ねが作者の人柄に反映して極めて落ち着いた雰囲気に結晶した様に感ずる。

ツヅクコト
愛(カナ)シミノ果テ
何処(イヅコ)ナレ
宙(ソラ)ノマバタキ
時ヲ待ツナリ

冒頭の作品に添えられた「誌」である。
[PR]

by kotendesky | 2006-05-05 00:00 | ギャラリー放浪記