(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ギャラリー放浪記( 50 )


2007年 06月 24日

野田弘志講演会

f0019379_11395646.jpg











近美の講堂に行く。
立ち見必至の予想が的中した。13:30の開場とともに私たちを含め30人くらいが
席を埋め始める。
どんどん聴衆が席を埋め、14:00の開演5分前には空席が無くなり、補助席を出す。
近美の用意したレジメも不足する。
やはり野田氏のファンは北海道でも少しずつ増えてきている証拠だ。
是非学生向けに講演をしてもらいたいものだと思う。



リアリズムとは
存在のすごみを
人生を込めて視(み)ることによって、たくましく力強く描くこと。
描ききったとき、崇高、壮大が現れるのだという。
特に神聖、崇高な空間が現れるのだとも言う。
リンゴを描ききったとき画面にあるリンゴの図は絵ではなくリンゴそのものに高まってくる。
絵の具ではなくリンゴそのものの色になっているのだと力説した。

偶然を排し、飽くなき厳密さを求め思索を放棄し創作を放棄して崇高壮大を
暗示するのではなく現実の画面に描き切ることがリアリズムの本質なのだ。

現代美術に対しては厳しい。
個性主義
ショックやスキャンダラスな行為に依って新しいことしか考えないから衰退して行くのだ。
作品から精神が登ってこないとする。

写実に対しての考えは参考になったが、野田絵画の最大の特徴である
徹底した下地処理、言い換えればマチエールのこだわりが重厚で壮大な
作品の源になっているという事実は非常に参考になった。

私は来年まで長い準備期間がある。
しばらくは下地処理の試行錯誤をしてみようと思っている。

今回の個展をみて感じたことだが、以前の記事でも触れたが
tokijikuシリーズの後Theシリーズに移行したのだが、全体を通してみると
そのシリーズだけがふっと薄く感じられた。
これは私の感じ方だけでなく、他の作家の幾人かも同じ意見だった。
野田氏は『Theシリーズは全部まだ未完』という。
多分に謙遜を含んでいるが、その言葉に作品に寄せるすごみというか
制作態度の片鱗に触れる思いがした。
作家たる者こういう気構えを持ちたいものだ。
これも以前の私の記事でも触れたが、野田氏の作品を観て
なぜこうも心が平穏でいられるのかという不思議な感覚になるが
これを私は『仏像の拝観のあとの感覚』 (6月12日の記事)
とまとめたが、これも『現実を超えた崇高、壮大が現れる』という
言葉にやはりという気がした。

権威、大家という地位になってしまうと、ともすれば堕落しやすく
自己満足に陥りやすいが、作品の完成に何年も掛けるという
考えや、一度評価を受けた作品でも手直しすることをやめない勇気を
失わないようにしたいと思う。
[PR]

by kotendesky | 2007-06-24 02:18 | ギャラリー放浪記
2007年 06月 12日

野田弘志展 -写実の彼方に

f0019379_1612410.jpg

初日にどうしても観たくて、職場には無理を言って休暇をもらった。
11時頃ついたが、オープニングセレモニーの痕跡はカウンターに来賓の胸章が浅い箱に片づけてあっただけで、駐車場に車が多いなあという程度だった。
観客は、オープニング第1波直後だけに予想以上に少ないが2時間ほどいた間中新たな客が来ていたところを観ると、まあまあの入りだろう。
土日の混雑は予想できる。
帰り際1時頃に北星女子学園の生徒さんだろうか10人ほどの女子高校生のグループが二つ来た。
昼休みを挟んで特別鑑賞に来たのだろうか。良い学校である。

野田弘志さんについてはあれこれ書く必要もないが、誕生日が筆者と一日違いだということと71歳の誕生日が今展開催の前日ということであった。
作品については語る必要もなく絵がすべてを語っている。I-podによる説明も不要だ。
ただ言えることは、黒の時代といわれる初期の作品は道内ではあまり観ることが出来ないからこの際じっくり見ておいた方がよいと思われる。画面の作り方も参考になる。
作品の手の入れ方は画面の隅々まで計算し尽くされており、破綻が無く作品同士の力量は同じだ。
ただ、リーフレットになっている絵(The 1)は別としてTheシリーズはこの作家としては少しだけ低調ななにかを抑えた時期だったのではないかという気がする。
こうして俯瞰的に過去作品を見て初めて気がつく程度だが…
大判ポスターになった「非時(tokijiku)」シリーズがやはりこの作家のピークのような気がする。

野田絵画を観て何故こうも落ち着いて観られるのか、あるいは作品を見たあと極めて消化が良いのかと言うことを考える。
結論は野田絵画が仏像の領域に達していると言うことである。私たちが京都や奈良の寺院で触れる仏像拝観後の印象と極めて似ていると言うことが出来るのだと思う。
存在の意味や表現の働きかけや時空や概念の示唆が視覚を超越して直接脳を刺激するからではないだろうか。その辺まで突き進んだ写実絵画に触れることは希である。

いずれにしても2度3度と繰り返し観たいと思える個展である。

図録2000円なり。
同展は豊橋市立美術館、ひろしま美術館を巡回する。
[PR]

by kotendesky | 2007-06-12 16:13 | ギャラリー放浪記
2007年 06月 10日

小樽ぶらり歩き

f0019379_2032717.jpg今年の6月は暑い。
札幌に生まれた者にとって、6月に入って連日暑い日というのはそう多く経験することではない。
大抵、雨の日が3日くらいごとにやってきて大地を冷やすものだから、札幌祭り(札幌神社の祭り、現在の北海道神宮例大祭)が終わらないと本格的な夏にならなかったような記憶がある。
それも、衣替えの二週間くらいは女学生の白いセーラー服が寒そうで気の毒な日が必ず続いたものだ。

駅に降り立つと薄く潮のにおいがして、ワイキキに居るような錯覚を覚えた。
山から海に向かって吹いていた風が強い日差しを緩和して涼しく、余計そう思ったのかもしれない。北海道の夏はさわやかだ。
f0019379_21301858.jpg
ステーションギャラリーは閉館中だった。やはり駅ホーム内にあるギャラリーというのは無理があるのだろうか。

目的の小樽美術館に向かう途中で都通のギャラリー白方に寄る。都通も20年くらい前のワイキキのはずれのような素朴な佇まいだ。この雰囲気を残してほしいと思う。
f0019379_20331375.jpg
アジア風のキルト系雑貨の展覧会を行っていた。
f0019379_2033335.jpg
窓から都通が見下ろせて何とも異国的な落ち着いたギャラリーだ。いずれここで個展をしてみたいものだと思う。モノクロームが似合う。

小樽美術館は3階で小樽美術協会展
羽山雅愉
f0019379_20351839.jpg
富澤謙
f0019379_20353652.jpg
小川清
f0019379_20373039.jpg
などが並ぶ。みんな元気だ。富澤さんはセントラルで同時期に開かれているグループ環に出している絵の本作(100F)を出している。小川さんも100Fであり、全盛期ほどではないにせよまだまだ衰えてはいない。やはりこの二人は小樽の顔だ。何故かセントラルや札幌市民ギャラリーで見るよりもこの古い美術館で見る方が力がみなぎって見える。
羽山さんは作風が変化したようだがその意図は不明だ。

f0019379_20384985.jpg
日向良子さんの「寂」が良い。

もちろん、2階の森本三郎展は見逃せない。この種の展覧では珍しく大作の中にSMや0号がならぶが、あらためて見ると小品もこの作家の魅力ではずせないだろう。
デッサンも、今回は谷内学園所蔵のものが多いようだが、かつて素描だけの作品集が出ているだけにこの作家を語るうえで無視できない。伊藤正もそうだが、デッサンを独立した作品と見ることが出来る珍しい作家だ。(7月1日まで)
図録は次回展の光子展(7月5日から22日)と合本で980円という破格の値段だ。この値段で分厚い図録を売るのはアイワードのボランティアのようなものだ。普通の感覚ではあり得ない価格設定だ。これまで豪華版画集しか出さなかった同社(共同文化社)の宗旨替えを願いたいものだ。美術書は学生が買えるものでなくては意味がない。だから共同文化社と私は鋭く対立したのだ。

小樽美術館は7月28日から9月17日までの日程で高橋好子/冨澤 謙 展が開かれる。次回図録も1000円以内だろう。

美術館をあとにして、久しぶりに港方面に寄る。「まほろ」の小樽ラーメンという昔風ラーメンを食べて(繰り返すがこの日は非常に暑い)そぞろ歩く。
運河工芸館の展望台に登り写真撮影をしていたら、汗が引いて冷えてきたので、地下のグラススタジオで吹きガラスの作業をしばし鑑賞する。釜の熱で体温が戻った。(筆者は巳年生まれ)

その後駅まで引き返すとカフェ『ろーとれっく』は6月20日でビル解体に伴い現在地を引き払い、藪半のあたりに長崎屋裏の静屋通りに仮店舗を構えるそうだ。しばらくそこに通うことになる。
f0019379_20483956.jpg
ビルが完成するころは私の方の馬力があるかどうか不安だ。

というわけだが、帰宅して不覚にも寝てしまい個展の初日を欠席するという落ちが付いた。
明日は夜、顔を出そうと思う。北都館のサイト
[PR]

by kotendesky | 2007-06-10 20:48 | ギャラリー放浪記
2007年 04月 15日

ご来場ありがとうございました

f0019379_23264364.jpg


無事個展を終えることが出来ました。
多くの皆様に支えられ、最終日を過ごすことが出来ました。
来年も、ギャラリーユリイカでお会いしましょう。

良い絵をお見せできるよう精進します。

どうもありがとうございました。

[PR]

by kotendesky | 2007-04-15 23:08 | ギャラリー放浪記
2007年 03月 16日

石垣渉 水彩画の世界-流れ-  3月18日(日曜日)まで

石垣渉 水彩画の世界-流れ-
2007年3月13日(火)~18日(日)
さいとうギャラリーA
f0019379_15462682.jpg

市内大通で水彩画の教室を主宰する石垣渉(わたる)さんの個展だ。
教室も好評で生徒さんも多い。
水彩作家としての石垣氏も一段飛躍した画調の変化だ。
これまでのワイドレンズのような軽快なタッチの雪景色から、一段深い思念が加わった精神性の感じられる画風。
画角もそれに比例して幾分狭まりテーマ性が加わりつつある。
入り口の左側に深い緑の岸辺を中央に貫く川の絵があり、今展の案内はがきにも用いられているが
中品で佳作だ。川の描写はこれで問題ないと思う。手前の芝桜も春らしい華やいだ絵だ。
f0019379_15464566.jpg
雪解けの川
初めて描いた60号というが、どっしりとした重い絵に仕上がりつつある。
中央が抜けた構図は難しいが『たっぷりと水蒸気を含んだこの季節独特の空の空気感を
描きたかった』という作家の意図は的中していると言えよう。
川の部分は、空よりいくぶん調子を落とした方がより存在感が増すと思う。

f0019379_1547312.jpg
やさしい光につつまれて
作家のサイトのトップを飾る絵だが、案外注目されていない様だった。
この絵の完成度は高く、もっとサイズの大きな絵にしても十分訴えるものと思う。
向かって右側の岸の距離感は少し遠すぎると思うが大作になるとその辺は緩和されるものと思う。

f0019379_15472717.jpg
利尻富士(タイトル不詳・ごめんなさい)も見える。

多くの絵が金曜日の昼には売れていて、購入希望者には残念な人もいただろう。それだけこの作家が注目されているということである。
[PR]

by kotendesky | 2007-03-16 15:51 | ギャラリー放浪記
2007年 03月 04日

第22回 北の日本画展(1)

3月3日で終了(札幌時計台ギャラりー)
第22回の北の日本画展は、ほぼ一年のうちに3回開催したことになる。
第20回の記念展は06年3月17日から26日に近代美術館を借り切って盛大に行い、すぐに5月16日から21日の会期でセントラルスカイホールで21回展を開催した。
そして今回の22回展が2月26日から3月3日の期間に矢継ぎ早の開催である。

作家は日常的に絵を描いているとは言っても、この団体展と所属の公募展、全国展や個展さらにグループ展などのためにそれなりの水準の作品を用意するというのは大変なことだ。そのエネルギーに驚くというのが正直なところだが、その場しのぎでない本格的な作品を出してくるのはさすがという他は無い。
f0019379_1114917.jpg

今回の日本画展は企画展示が導入されA,B室を使って19作家が『北の息吹』と冠した展示を行っている。
その模様は(2)に書くとして、本展はCからFまでの4室を使用して展示されている。
上の写真はC室の向かって右から千葉晃世(こうせい)さん『雪』。
私は千葉晃世さんの墨以外の色をはっきり用いた画面を初めて観たと思う。
真ん中が小島和夫さんの『バラ窓』。
ノートルダムドパリではないと思うが、豪華なステンドグラスが印象的である。人物はアラブ的であるところを考えるとイスタンブールなどにこのようなステンドグラスの建物があるのか。左は小島さんの『川辺の家(烏鎮)』。

f0019379_1121427.jpg

上はE室の福井美奈子さんの『ぬくぬく』。ネコが二匹蜜柑を前に座っている。のどかな冬の室内だ。背景は中野邦昭さんのような揉み皺をつけた丁寧な設えである。
動物の描写も良いが、背景をうまく処理して画面全体の調子をまとめている。絵というのは部分部分の技術も大事だが、全体を通してひとつの作品なのであって背後空間と主題との一体感の醸成という点もぬかりなく描ききりたいものだ。

C室では北口さつきさんの裸婦の2点はデッサン会の成果だと思うが、冒険的に見えた。
さて、最も書きたかったのは吉川聡子さんの『抱(イダク)』である。
f0019379_1122936.jpg

C室の一番奥まった所にある。
今より少し若い頃の彼女自身が投影されたと思われる人物が抱いているのは栄通さんのブログ『栄通記』の記事の時から実作品が気になっていたが、仔細に見て私なりに解釈したのは、自己そのものを統一するために外界から一線を画して自己のアイデンティティーそのものを失わないという決意のような気がした。
それにしては薄紙を貼ったような柔らかな球状の膜に覆われた猛禽類の不確かな生物なのは意外である。
柔らかな膜のようなものは部分的に不透明で彼女の左腕によって鋭いくちばしは隠されている。わずかに右に鳥の鋭い爪が見えるが、それらもまた不確かに隠蔽しつつある。
向かって右の空からは彼女に影響するカモメのような一団が近づいてくるが、その意味は謎だ。
決して強くはないが、彼女の守りたい意志を感じて、いろいろ考えさせられる魅力ある惹きつけられる作品である。
[PR]

by kotendesky | 2007-03-04 03:15 | ギャラリー放浪記
2007年 03月 04日

第22回 北の日本画展(2)

3月3日までで終了(札幌時計台ギャラリー)
さて、つぎは企画展『北の息吹』である。A,B室に19作家22点が展示されている。
f0019379_175555.jpg
袴田睦美さんの『悠』。
雪原にナナカマドが2本描かれている。落ち着いているが中景の雪を汚した方が良かったか。
もう一つは手前の樹の左側の下部は黒っぽさを少し薄くした方が良いように思えた。

f0019379_182011.jpg
中野邦昭さん、『天の川』。
皺の状態も良いし、手前の大きな木も良い。天の川の主題がこれでよいのかどうかは私には分からないが、これ以上強調すると画面のバランスを崩すのだろう。空間処理は勉強になる。

f0019379_185348.jpg
陳曦さん、『岬』。
積丹の神威岬を望む夏の情景だ。波打ち際の水の描き方も美しい。

f0019379_191681.jpg
山本孝子さん、『季の音』。
手前の6羽のカモメが一様でないのは変化なのか統一感の欠如なのか微妙なところだ。離れてみると背後の山の形と統一性を持たせているようにも見える。
樽前山は基底色としてやや暗い色を用い、その上から白色をもう2層程度乗せるとグッと深まるだろう。

f0019379_1101537.jpg
富山真祐さん、『波の鼓動』。
波の描写は上手いと思うが少し堅く感じる。背後の水底が見える海の透明感が惜しい気がする。こういう部分は実景であって実は観念的な描写だから、透明な水の描き方は作家の考え方がストレートに出るものだ。太陽の南中頃の水底が見えるような海は水の透明感と砂石や海草をどのように省略しつつ描ききるのかに作家の考え方が出るものだと思う。



[PR]

by kotendesky | 2007-03-04 03:14 | ギャラリー放浪記
2007年 02月 18日

第97回どんぐり会展(18日まで)

北海高校美術部の校外展だ。【2月13日から18日まで。スカイホール2室】

先代の顧問は栃内忠男さん、現在は川本ヤスヒロさん。

ノーザンとトップライトの2室を使った大規模な展示だ。25作品が周囲の壁に並べられている。
毎年楽しみにしているが今年も元気いっぱいのどんぐり会だ。

一番奥の壁一面を占めたのは郡真央さんの『GLOW&FLOW』以下4点。作品の出来は抜群に良いが、出来すぎている気もしないではない。作品を仕上げる技術や表現の肝のような所はよく捉えていると思うが、ややもすると表現の枠が出来てしまっていて、自らの可能性をもっと試して見せてもらいたかった。要するに4点の内1点でよいから別の傾向の主題の作品があれば安心するのだ。2,3年後の公募展の上位に入賞する予感がする。
高校生だからといったようなストイックな見方はすべきではないだろうが、『作家の資質は20歳までで一応出揃う』という小川原脩さんの言葉として美術ペン120に吉田豪介さんが紹介している。
筆者もそれには同感で、若い頃の資質はその後の作品傾向をある程度決定づけることから、この年齢の作品がその後の作家の成長を見る上で重要なのだと思う。

その意味で興味深かったのは近藤亮太さんの『セントキャサリンズの朝』だ。
S110号をよく描いたものだと感心する。俯瞰構図も良い。もう少し重厚感を持たせた方が作品はぐっと完成度が高くなるだろ。佳作。シャガール風の空の描写も良い。

佐々木史子さんの『女主』。題名がどきっとするが作品もぐっと来る。50Fだがサイズ以上の迫るものがある。黒いネコの描写も良いし色も全体的に落ち着いて美しい。多分この人の才能は作家として十分やって行けるものだろう。左のブルーはもう少し調子を落としても作品の質感は変わらないし画面全体の調子としては波乱が無くなると思う。

林莉彩さんの『ありがとう』(S110)。納屋の片隅らしき、出荷後の野菜を借りて恵みに感謝している絵だ。遠近はよいが、バックの空間の調子はもう少し落とした方が手前の主題のメッセージが浮かんでくる。左右の原色は不要だ。
ただ、主題のつかみ方や画面構成は非常に良い。1年生だが来年に期待したい。才能のある人だ。

何年か前から気になっていたのだが、作品をベニア板に描いているが、なにか意図があるのだろうか。昔はキャンバスが高かったから生徒の技量を均等に見たいとの意図から安いベニア板に描いたそうだが、現在ではキャンバスは安いのでやはり郡さんや近藤さんのように上手い人の作品はキャンバスで描いた仕上げも含めた状態を観たいと思う。
それとも、S110とか変90というようなあまりなじみのないサイズをあえて使用したいとの意図からなのだろうか。
川本先生、ご賢察をお願いします。


同展の栄通さんの記事

(作品サイズは作品目録に記載のあるままです)
[PR]

by kotendesky | 2007-02-18 03:57 | ギャラリー放浪記
2007年 02月 04日

おおたにの100点

2007年1月31日~2月4日 札幌市民ギャラリー  【終了】

札幌大谷学園開校100年記念美術展を「おおたにの100点」と題し、厳選の100作品を展示した。
高校、短大美術科の卒業生と教授陣、講師陣が作品を並べている。
講師として、北海道美術界を始めとする一流の作家が開校から今に至るまで出講している。
まことに恵まれた学校だ。

f0019379_0274426.jpg

f0019379_21341310.jpg

開催告知のA4リーフレットだ。デザインに驚く。CMYKの4色だけを使った大胆というか
普通のデザイン経験者ならまずこの冒険をしないだろう。
でも、仔細に眺めて行くとデザイナーの意図にわずかながら近づくかも知れない。
まず、紙の四隅を幅3ミリほどのマゼンタ(実際は赤)で囲んでいる。
同色で横10、縦16(20×18㍉)のグリッドに仕切っている。これによって少しシアンの強さを緩和している。
それでも強い、はっきり言えばどぎつい印象は変わらない。
真ん中に横4、縦12のイエローのグリッドを配置して、テキストを集中して配置している。
これもどぎつさの緩和だろう。
同様のデザインで葉書もあるが、札幌市民ギャラリー以下の文字の配置が微妙に違う。
160枚のグリッドのエレメントは主に今展の作品をトリミングしてさらに2値化したスミ版で埋めているが、向かって右から左下に斜めのエムプティーのマスを3枚配置している。この操作によって安定化を意図したもののようだ。テキストもこの流れに沿っている。さらに下部にはグリッドの2段目までをグラデーションでマゼンタの10%くらいから網掛けしている。彩度と明度を下げることによって下部の安定化を図ったものだろう。右下隅は少し濃いめの印象を受ける。
右斜め上方から左下隅に視線を誘導し右隅まで流れさせているような意図らしい。
上の写真の小さい方はエムプティーのマスの一枚だ。
シロ抜きで
『おおたにの空/photo:morita/2006/12/26 16:30:46』
と記載されている。
昨年の12月26日の大谷学園から見上げた空を写したもののようだ。
12月26日は冬至から4日後である。しかも16時半を過ぎた札幌の空は
おそらくこの色のように濃いシアンだろう。もっと暗かったかも知れないし
晴れていたのかも分からない。
だが、この色からこのリーフレットのデザインは出発していると解釈するのが妥当だろう。

北国の抜けるような深い黄昏色の空。何もないところからの開拓。そこから64年に伊藤正教授など関係者の人脈と熱意によって本道に於ける私学女子芸術教育のパイオニアとなるという意志が強く感じられる。

この10年ほどは日本ではリーフレットのデザインは白基調のソフトな印象の傾向にある。
穏当ではあるが裏を返せば簡単だと言うことも言える。
パソコンで版下を作り、オフセットフルカラーが安価で身近な現在、昔のシルクスクリーンを駆使したポスターはデザイナーの知識と技をフル稼働したものだった。今回の色数の制限とその制御は、敢えて課題を設定し困難に打ち勝つという骨太の企画だ。
企画の安全を優先する現状にこのリーフレットの作者は警鐘を鳴らしたのではないかと思う。
『挑戦せよ』
筆者にはこれが合図のように感じてならない。


今展は、あまり広く告知されなかったようだが会場は華やかなしかしシッカリした作品にあふれるものだった。まるで道展の会場を思わせるほどの水準の高さであるし道展や全国展の会員作品があふれる事実は、大谷短大の卒業生の水準の高さを雄弁に物語るものだと思う。
『2年間で、身をもって美術の本質にふれた貴重な体験をすることが出来ると思っている。少なくともだらだらした4年間より効果は上がるとも言えるのである。』
多分に特美を意識した言葉のようでもあるが大谷の学生に向けた故伊藤正教授のはなむけの言葉(66年卒制展)である。言葉通り貴重な授業を受けたに違いない内容の濃さであったと思う。特美とは協調関係にあったようで伊藤正氏や小谷博貞氏が特美に出講したり、特美から川井担氏が出講したりと相互の教授が関わっていたという。
札幌美術学園もそうだったが、道展をバックボーンにして色々な一流の先生達に教えられた本道での美術教育は恵まれた状態であったように思う。

f0019379_21304483.jpg
會田千夏さん(中央)などの作品も第一室を飾る
f0019379_22582479.jpg
一原有徳さん(5月20日まで小樽美術館で回顧展が開催中)
f0019379_213031100.jpg
清水博子さん。銅板にジェッソ、石膏、アクリル、緑青と材料は豊富。銅板のわずかな凸を磨いて凹にアクリルのホワイトを埋め込んで研ぎ出したようだ
f0019379_22584925.jpg
川上りえさん。鉄だが筆者の眼には木の年輪の表現のように写った。隠蔽力の強いホワイトもローラーで重ねると透明感が表現できる。茶系はサビではなく塗料のようだ
f0019379_22592049.jpg
岡部昌生さん。第1室の壁一面は遠目には鏡のよう
f0019379_2259369.jpg
一枚一枚のパネルにはフロッタージュをシルク印刷したもの

(text :naoki KAWAKAMI rewrite 10/Feb.14.41)
[PR]

by kotendesky | 2007-02-04 23:28 | ギャラリー放浪記
2007年 02月 01日

道彩展 会員・会友展

1月22日から27日【終了】 時計台ギャラリー2階全室
道彩展(北海道水彩画会)は、八木保次さん率いる水彩の半具象、非具象の会だ。
水彩とか油彩とかの分類は不要であるという主張がみなぎっている意識が迫る。

f0019379_2317171.jpg
工藤和子さん「ハンチング」
オーソドックスだが安定した構図とタッチの佳作。ジーンズの質感も良い。色を自分の味方に出来れば数段良くなると思う。

f0019379_23173513.jpg
横内恵美子さん「花」
背景と同化したような部分もあるが、それが画面の変化でもある。
f0019379_23174955.jpg
寺岡弘子さん「凍つく」
風の流れを感じる情趣。遠景の家に雰囲気があり、画面を引き締めている。
f0019379_23181413.jpg
中橋るみ子さん「Memory」
この人の絵に注釈は不要だろう。しなやかな腕のフォルムがよい。
f0019379_23183321.jpg
木村琴絵さん「枯れてゆく秋」
画面の花が枯れて行くというのだろうか。それにしては美しい絵だ。枯れるのは惜しい。
f0019379_23194151.jpg
中田やよひさん「黒猫」
味のある黒猫の佇む様子を静かに描いている。

f0019379_23233793.jpg
青木光樹さん「spring has come」
絵という表現の基本を示している。説明的でない状態でぎりぎりの表現に迫っている。
f0019379_23201567.jpg

[PR]

by kotendesky | 2007-02-01 00:08 | ギャラリー放浪記