(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ギャラリー放浪記( 50 )


2008年 04月 20日

ギャラリー巡り 4月19日土曜日

昨日は珍しくギャラリー巡りを堪能した。
それというのも、家人が時計台文化会館(時計台ギャラリーの入っているビル)の上の階でやっているデッサン会に入門したため、一日放り出される羽目になったからだ。
f0019379_1323279.jpg

まず午前中にギャラリーエッセの石垣渉展。
石垣さんは個展の回数を重ねるごとに作品が充実してくる。
今回も60号のパネルを二枚ならべた120号があり、他に30号の大作もあった。
f0019379_13232479.jpg

中品に極めて良いものがあり、その中の二枚がまだ売れていなかったが、土曜の午後と日曜日で主要作品は売れるだろう。
売れる絵を描くと言うことは大切なことだ。売れなければなかなか個展を続けようと言うモチベーションは維持できない。売れる絵があるから冒険的な絵も描けるというものだろう。
今回3日で描いたという30号の絵は、5月9日から道銀札幌駅前支店内ギャラリーで始まる「この指とまれ展-08春」に出品されるそうだ。中景の積み藁(わら)の部分にもう少しイエロウオーカー系の色を載せれば主題が浮き上がってくる。手前の雪のアウトライン(ラインライト)ももう少しぼかすことが必要だ。絵の具を重ねて地面の雪と畑の土の濃淡粗密を描ききることによってぐっと作品のグレードは上がるだろう。紙の質感が一見分からなくなるほど書き込めばこの作品は完成に近づく。逆光だが地面に差し込む光の帯は物理的に角度が曖昧なので中心の束をいまのまま残して左右の2本の光の束は省略する方が光の効果は出る。

つぎに石の蔵ギャラリーでガラスの彫刻と器展。

STV北二条ビルのエントランスアート
美水まどかさんの展示「雪の果」。
f0019379_13282814.jpg

雪のテーマの果てに色を施した新たな境地を見せた。
漉いた紙のように見える。STVエントランスアートのHPでは既存の紙を漉き返したとなっている。
それらを薄く叩いて一種の板紙を作り、染料を混ぜたうえでそれらを元に縦長の作品を数点展示している。
中央には大きな板紙のインスタレーションも置かれている。
それぞれ、ao,midori,murasaki と言ったような色の題名がついているが、作者の雪のイメージから到達した色の主題への思いが見えるようだ。
この展覧会からあるインスピレーションを得た。

ギャラリータピオ BOXART
三人のインスタレーション的な作品。

時計台ギャラリー(20日夜付記)
ほとんど女性だけの展覧会だった。

さいとうギャラリー 越智紀久張展
キャンバスに点描で道内風景やドイツの風景を静かな画調で描いている。
道内在住30年の集大成。

三越ギャラリー
シャガールの版画と日本人の女性の個展をやっていた。

地下鉄で琴似に移動して
カフェ、ケーキ&ギャラリー北都館
早川季良 石炭画展
石炭粉やズリ山で焼けて赤茶けたものや普通の灰色の石炭灰などを用いて
マチエールを作ってポスターカラーなどで着彩している。
奥の席で女性ファンと歓談していたが、ますます元気だ。
札幌タイムスの記事には石炭画にこだわる理由は
「炭鉱に生きた証として」ということだそうだ。

以上 8カ所。

前にもあとにも一日8カ所はもう無い。
[PR]

by kotendesky | 2008-04-20 16:30 | ギャラリー放浪記
2008年 03月 19日

札幌美術展2008 ---美術で綴る札幌の歩み

今展に出品している椎名次郎さんからご招待されたので市民ギャラリーに行ってきた。
椎名次郎さんは陸軍中野学校を卒業して今は路上生活者ではなく路上制作者を生業としている。他に中野学校仕込みの映写技術者。今は珍しいアナログ映写機をスキ無く映写できる技師でもある。グループ展のメンバーでお付き合いさせて頂いている。

出品作家の露口啓二さん(写真)のサイトによると、キュレーションをしたのは芸森の吉崎さんということだった。(吉崎元章学芸員)

印象的に予算が無いんだろうなあとは思う。
札幌市に関係して美術番組を作るのはすでに余所でアイディアが出尽くして専従の企画でもしなければインパクトのある『札幌美術展』は成立しないのだろう。片手間では困難だ。
ポスターや絵地図あるいは冬季オリムピックの資料などで札幌の歩みを紹介している。(これで入場料300円かあ?)
二階の展示室では椎名次郎、藤谷康晴、小林政雄、橋本禮三、新見亜矢子、はなこ、佐藤雅英、露口啓二らの「札幌のまち」にこだわった作品を発表し続けている作家の展示がされている。展示室をのびのび使った「個展」はさぞ痛快だったことだろう。

もちろん、これで主催者の言うように「私たちが住んでいる街をビジュアル的に表現しました。楽しくわかりやすくこの街の歴史を知ることであらためて札幌の街の魅力を感じてみませんか。」と言うことにはならない。
視点がはっきりしない企画に協力した作家の皆さんや企画者として協力した吉崎さんにはつらい仕事だったのではないだろうか。

もとより、この札幌美術展は色々意見の多い展覧会だ。加えて札幌市の財政逼迫から低予算のあおりを受けているのだろう。この種の美術展は市の補助金をベースに札幌市芸術文化財団が主催するのだが、近年は札幌市の予算は付いていない。(注:ちなみに札幌アートステージは2千340万円の事業費が次年度予算となっている)
このためか視点の定まらない年展がつづき、何か胸にストンと落ちない展覧会がつづいているのだ。
しかし、総花的な市内の公募展作家のダイジェスト展をするほどこの美術展の視座は低次元ではない。関係者の意気込みにもよるだろうが将来全国的に注目されるトリエンナーレのような形式で作品を公募するような企画に化けてもらいたいと思う。

それにしても、市議会議員から一度も質問が出ないのはどうしたことか。
特に比較にしたいのは札幌交響楽団運営費補助金が1億6000万円、サッポロシティージャズ事業費補助金が1千800万円。
これに対して小学校へアーティストを派遣したり小学生を美術館に招待する補助金が合わせて何と200万円だ。
マニアにジャズ聞かせるより小学生や中学生の美術教育が先だろうよ。
市長が音楽好きで音楽や芝居などに予算配分したいのは分かるが、サイレントな美術系活動に予算をもう少し向けられないものだろうか。(ということでさり気なく聴覚・視覚障がい児への配慮)

これでは私が議員か市長になるしかあるまい。まあそれは無理としても上田市長さん、私に観光文化局・文化部の予算の3分の1でも組み直させる気はないかね。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-19 00:17 | ギャラリー放浪記
2008年 03月 09日

ギャラリー巡り 3月8日土曜日

高橋靖子展
STV北2条ビル エントランスホール

刺繍を用いた最近の作品が目を引いた。
タブローの場合は文字や切手など余計な要素も含まれているが、刺繍は純粋に糸で
神経や血管のような切れ切れの人生の断章を連結あるいは関連づけもしくは意図して
分断しようとしている作家の境地が見える。
光を介して不思議な感じ方の変化も体験できる。

教育大芸術文化課程美術コース教員展
時計台ギャラリー

特に感想なし。あんなモノなのか。
時間が無いのは分かるが、やっつけ仕事で展示されてもなあ…

誰かが書いていたが伊藤隆介さんの作品を納得できる環境で観たいなあ。

3階で札幌美術学園特設絵画コース修了展もやっていた。




アクリルアワード作品展
セントラルスカイホール

アクリルである必然姓というほどの作品は無かったなあ。
油彩や水彩でこれまで試みられた技法と構成の作品ばかり。
新しい体験がなかった。


本宮順子個展
ユリイカ

油彩の小樽の小路が良かった。
他に水彩でスペインの小路1,2と恵庭ガーデンの室内のドア付近を描いた作品

7月に友人と二人展。こちらはさっしんギャラリーで。
本宮さんは水彩を展示予定だそうだ。

会場でSHさんとばったり会う。

その後三平の醤油ラーメンを久しぶりにゆっくり食べて帰宅。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-09 04:32 | ギャラリー放浪記
2008年 01月 12日

みなもの会新春日本画展の私的メモ

出品者が多くなり作品が小さくなった。
3年前から注目している津田真知子さんの大きな作品を今年も観たかったが残念。サイズの制限で完成度が今ひとつだ。
躯幹と頭部の移行に解剖学的考察を重ねればもっと良くなるだろう。
彫刻作品をたくさん鑑賞することで解決策は見えてくるのではないか。
[PR]

by kotendesky | 2008-01-12 00:47 | ギャラリー放浪記
2008年 01月 12日

東山魁夷:怪異な大版画展

価格が高いのが魁夷大版画展のすべての印象。
はっきり言って版画に160万円は高すぎる。
画商が法外な値段を付けるから庶民は本物を持てないのだ。
文化を普及させる意味でも作家は高い価格を付けなくても生活できるよう税制などで保護すべきであろう。
今の状況では文化を鑑賞者が広めて行くという行為に向かわない。
芸術文化の窒息死だ。
[PR]

by kotendesky | 2008-01-12 00:41 | ギャラリー放浪記
2008年 01月 12日

木路毛五郎回顧展の私的メモ

C室の手袋シリーズが結局、この作家の一番表現したいものだったろう。
メランコリーすぎるがもっとも思索的である。
これを見て欲しい。

A室。
白いシリーズの表現は木路さんの意図した所なのだろうか。それとも線の思索を重ねた結果の到達点であろうか。決して本人の姿ではないように思える。

B室。
制作途中のキャンバスは痛々しい。作家のぎりぎりまで研ぎ澄まされた感性を創出する過程で、魂のあえぎ苦しみが聞こえそうな心を打つものがある。はっきり言ってこれは僕には重く、ストレートすぎる。
[PR]

by kotendesky | 2008-01-12 00:30 | ギャラリー放浪記
2007年 11月 24日

MILKMAID BY VERMEEL

f0019379_0455942.jpg

「牛乳を注ぐ女」と訳されていますが原題は「ミルクメイド」
この絵画について野田弘志さんは特に背後の壁の厚さに意味があるという言い方をしています。
「厚い壁がまるで鋳型のように室内空間全体が石から掘り出したかのように強固で微動だにしない重量感と存在感を持つようになっている。」と言います。
そして「その壁は叩いても隣の部屋に反響しない何十センチという厚みでもって絵のためにしつらえられた書き割りではなく、堆積した時間さえも封じ込めるかのような壁を描くことによってこの部屋の向こう側のもう一つの部屋とさらにその壁の向こうに広がる街の空間につながっているという意識を見る人にかき立てると言う効果を持っている。」と言います。
さらに「それは日本画のような曖昧な『背景』ではなく石の表層に戯れる光の繊細なトーンを描き尽くそうとしている。」と加えています。

絵というものが写真ではとうてい現し得ない時間と空間の堆積とそこで繰り広げられる何気ない日常の行為そのものが、厳粛で神秘的な儀式のように観るものに働きかけてくるという野田氏の解説は、ふだん軽く描いている絵という行為そのものをもう少し丹念に実体と向き合うことによって解釈や哲学を封じ込める作為あるいは必然を併せもった造形行為であるという警鐘を僕らに与えてくれていると思います。

現代美術にしばしば観られるような奇をてらったり、ライブと称するパフォーマンスそのものが美であるという軽薄な一端を、存在の重さ、時間の堆積と現実世界の存在証明そのものに重厚感と行為としての価値があるという対比と意義を感じさせてくれます。

オランダ風俗絵画に寓意性と娯楽性という面があることは理解できましたが、フェルメールの「MILKMAID」はまるで違った芸術としての作品として後世の我々に示唆する作家の意志の強さを伝える展示でした。
[PR]

by kotendesky | 2007-11-24 00:46 | ギャラリー放浪記
2007年 07月 22日

小樽(富岡-稲穂-色内)逍遙

21日の土曜日に小樽に行ってきた。
目的は森本光子さんの追悼展だ。この日は駅を降りると山手の富岡を歩き回った。
結構な上りだが、地元のひとはゆっくり坂を登る。こうした毎日の歩行が足腰を自然に強くするのだと思う。
f0019379_340793.jpg

小樽駅構内のステーションギャラリーは今日は開いていた。
「小樽ガラスの世界展」は8月30日まで。吹きガラスの風鈴が涼やかな音色だ。
f0019379_3402370.jpg

美しい模様の大皿様の花器。模様が非常に美しい。
f0019379_3403561.jpg

窓から港が見える。ギャラリーからのこういう眺めも珍しい。
国際ホテルは解体のために足場が組まれており、この日は看板類をはずしていた。
f0019379_340492.jpg

小川清さんの1990年の「船見坂」(100F)はここからの眺めだ。
小樽を代表する絵のスポットだ。
f0019379_341441.jpg
日銀の宿舎跡、現在無人。こういった場所は早く活用方法を検討して欲しい。
いつまでも遊休地をもっているのは税金の無駄である。
f0019379_3411574.jpg
こういう眺望の良い場所に建っている。売ればすぐにマンションが建つだろうが、
短期間滞在のために安価で貸し出して欲しい物件である。
観光地にコンドミニアムを開業するのも既存設備の有効利用である。
f0019379_3413988.jpg
さらに南に歩いて教会を抜け通りを港方向に降りる。
ここまでが富岡1丁目。ここから下がるとやがて稲穂1丁目になる
f0019379_3415268.jpg
保健所と稲穂小学校を左手にさらに下るとJRのガードに出る。
小川清さんの1996年の「ガードのある風景」(100F)の立場所はこの道路の反対側で
当時の看板は出光のマークだ。(1999年の絵はこちら)
出光マークは消火栓の看板とともに他の絵でも繰り返し描いている。
f0019379_342271.jpg
稲穂1丁目を下がると手宮線跡を境に色内の地名となる。サンフランシスコ風に言えばベイエリアの色内は
北のウォール街や色内埠頭一帯からずーっと小樽製罐のあたりまで続く。

市立小樽美術館では森本光子さんの追悼展が最終日だ。
私の師匠は若いとき森本家の家庭教師をしていたそうである。
森本三郎氏としばしばスケッチに行ったほど親交は深い。
光子さんの人物は深い色の背景が人物を引き立てているが、
意外と薄塗りなのだなあと感じた。
色の使い方のニュアンスが木嶋氏を通じて私にも伝わっていると思う。
この絵を観ていると、勉強が足りない自分への戒めとなる。

美術館を出ると日銀金融資料館。ちょうどガイドツアーが実施されていたので
30分ほど子細に館内を回る。一億円の札束を持ってみたりする。
自分には関係ない額だが、これを持って逃げられないほど重いものだという
庶民の感覚がまともに感じる。
最後にツアー参加記念品としてお札をくれた。(笑)(裁断片)

f0019379_3421873.jpg

北運河。
当時の川幅はもうこの場所し残っていない。
橋も当時のままの石組みで高さや色も同じだ。
現在北海製罐の敷地内を通ることは出来ないし運河のほとりに入ることも出来ないが
昔はこのあたりは自由に出入りできたし土手も土がむき出しでもう少し幅があった。
土手で絵を描いていると従業員が時々絵を覗きに来た。
彼らは厳しい批評家でそういった中で画学生は鍛えられたものである。

f0019379_3423258.jpg
水面に映る製罐工場。この風情に会いに何度も小樽に通うのだと思っている。
[PR]

by kotendesky | 2007-07-22 16:53 | ギャラリー放浪記
2007年 07月 08日

文化展表彰式

f0019379_23352813.jpg


文化展の表彰式に行ってきた。
同じ絵画部門の本宮さんも一緒だ。終始和やかに進行する。
絵画で5点を出品したことが一部でクレームが付いたそうだ。
それなら俺もたくさん出したのにという話だったそうだ。
審査に当たられた山下先生は『たくさんある方が作家の作品傾向が把握しやすい』
というフォロウをしてくださった。
私も、出品者としては会場に余裕があるなら多数を出せる場合は
ひとり2点にこだわるべきでないと思っている。
しかし、シリーズとして作品相互の関連がある場合という制約は当然あろう。

審査の基準として『冒険的で元気がある作品』というのが各部門を通じて基本にあるそうだ。
作品の完成度より、その作家がより高い目標を持って冒険をしているかという部分が
必要だということだ。
f0019379_23442596.jpg
岡本久仁子さんの『リラ』。
ライラックの花を放射状にいっぱいに生けて作品にしている。
野田弘志さんの絵画に通ずる写実主義の作品だ。
細かいことだが背後空間の処理にもう一つ試みがあって良いと思うが
今回展でもっとも完成度が高い作品の一つだ。
この作品が無冠というのが納得できない部分があるが、
作品が10号Fというサイズの問題かもしれない。
今回展は受賞作品がある程度大型化している傾向がある。
もちろん良いものはサイズに関係がないのだが、審査の基本の冒険性という観点から、
せめて20号なら授賞の対象になったと思うが、惜しい作品である。個人的には欲しくなる
作品である。


最近体調が思わしくなく体温調節がうまくできない。冷房病のように、汗をかかないのだ。
本宮さんには『更年期障がい』と冷やかされた。
スポーツクラブでウエートリフティングをしているときは一日一回は汗を大量にかくという
習慣だったが、この2年ほどはジムに通うお金も時間もない。
今日も地下鉄で冷えてしまい、会場に早めに着き、1時間ほど付近の豊平川堤防を散策した。
少し上流に千歳鶴の工場がある。
そこの壁が良い。思わぬ発見だ。現在模索している作品の取材に少し通おうと思う。
f0019379_23541522.jpg

f0019379_23545011.jpg
f0019379_23551777.jpg
f0019379_053096.jpg

[PR]

by kotendesky | 2007-07-08 23:56 | ギャラリー放浪記
2007年 07月 07日

文化展に行ってきました

f0019379_21132959.jpg

第31回豊かなくらしを創る文化展に行ってきました。
今年も昨年に続き幸運にも奨励賞をいただきました。
来年のろうきんカレンダー賞もいただきました。
f0019379_2113471.jpg
(上)本宮順子さん「初夏の高島漁港』奨励賞・カレンダー賞
f0019379_21142664.jpg
(上)お姉様の吉川恵美子さん『至福のひととき』


f0019379_21193661.jpg
吉田敏春さん『牧舎の冬』

f0019379_21194618.jpg
浅野富士男さん『茜空の街』

f0019379_21195399.jpg
浅野富士男さん『愁』

f0019379_2120285.jpg

今年は絵画部門の出品者が多いそうだ。にぎやかな会場風景
[PR]

by kotendesky | 2007-07-07 21:23 | ギャラリー放浪記