(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:冗舌亭日乗( 184 )


2013年 05月 29日

こういう時代か?

f0019379_2244994.jpg

エコカーの時代?
ただいまの燃費
リッター19キロメートル
まあ、無茶苦茶に走ってこのくらいは出ます。
写真は今朝のコンビニ駐車場。
トヨタiQとお見合い。
[PR]

by kotendesky | 2013-05-29 22:49 | 冗舌亭日乗
2013年 05月 27日

カラープリンタ故障

f0019379_22502636.jpg

トナーが悪いのか。
フューザー温度の設定で剥がれはなくなりましたが…
マゼンダが糸をひくなぁ…
[PR]

by kotendesky | 2013-05-27 22:50 | 冗舌亭日乗
2013年 05月 05日

COCOmaX

f0019379_233379.jpg

COCOmaXという飲料だ。
ココナッツの水だけを詰めた、シンプルな飲料水だ。
暑いとき、冷たくして飲むと、アジアの暑い雑踏の人々の視線が目に浮かぶ。ラジオカセットから、男の声のエコーを効かせたアップテンポの流行歌が聴こえてきた。
[PR]

by kotendesky | 2013-05-05 03:31 | 冗舌亭日乗
2013年 04月 30日

サンディエゴに居る

f0019379_1141974.jpg

(ウソ記事です)
最近、路上の落書きに注目している。
絵に活用できるかな?
[PR]

by kotendesky | 2013-04-30 12:42 | 冗舌亭日乗
2013年 04月 30日

あーあヤンナチャッタ

天国でも、驚いてんじゃないの?
[PR]

by kotendesky | 2013-04-30 12:29 | 冗舌亭日乗
2013年 04月 18日

空港へ

f0019379_1718457.jpg


この時期に東京へ行くのは、何年ぶりだろうか。
昔は、関係する業界の学会が開かれるのは4月はじめと決まっていたので、ほぼ毎年横浜や神戸や千葉市に長い間行ったものだが、このところは絵の方が主体の生活になったので、学会は全国展がを意味する。

今回は、光風会が主たる目的で、ラファエロ、ミュシャ、できればルーベンスなども観たいものだ。
あと、芸大の収蔵品展も見ようと思う。

東京の展覧会は、意外にも浅草周辺に泊まると便利。地下鉄の元祖銀座線をスタートにして乗り継いで行くと大抵のところへすんなりと行ける。
料金も安い。
[PR]

by kotendesky | 2013-04-18 16:55 | 冗舌亭日乗
2013年 04月 13日

閉店

f0019379_14202045.jpg


小樽の名店、コーヒーの「ろーとれっく」が閉店した。
ろーとれっくは前身の小樽駅前の国際ホテル(小樽サンビル)1階にオープンしたおしゃれな喫茶店だ。カウンターごしに小樽駅が見えて、雪の午後などは旅情をそそる映画のような景色だった。
ビルの建て直しのため移転し現在地(静屋通り)に移って、かつてのカウンターを寸法までそのまま移設して、美人マダムが同じような雰囲気で営業していた。昨年夏以来久しぶりに今日訪れたら、跡地で別な店がオープンしていた。店内に開店祝いの花が並んでいたところを見ると、2,3日以内のほやほやであろう。
当面、ろーとれっくと同じ豆で焙煎も同じものでコーヒーを出すそうだが、ろーとれっくが当初は男性のマスターで後に美人のマダムがてきぱきとスマートかつおいしいコーヒーを淹れる店だっただけに、残念だ。店内には常にジャズが流れ壁には大畠 裕さんの絵が飾ってあり、聞けばマスターだったという。

「喫茶店」が文化としては廃れつつある現在。ろーとれっくは昭和のコーヒーが飲める数少ない店だったが、その灯りも消えた。
青春の終わりから壮年、老年期まで一緒に歩んできた気がする。お疲れさまと言いたい。
[PR]

by kotendesky | 2013-04-13 21:54 | 冗舌亭日乗
2013年 04月 05日

道具オタク?

f0019379_0573133.jpg

道具にこだわるということはないのですが、道具は壊れます。
キャンバスを貼るプライヤ(ニッパとも言う)は衝撃で結構壊れるものです。
左から二番目のクロムメッキしたものは三本目です。左の細いのは父が自分がまだ高校生の時から貸してくれたものです。父のあとをついで自分が借りています。真ん中の黒いのとアルミのものは2、3年前から使っています。
あとは釘抜きと金槌と木槌ですね。木槌は木枠を組み立てる時に使います。外国産のレッドシダーは割れやすいから、木槌で慎重に組み立てます。
この他にキャンバス釘は12ミリの長めのものを使っています。
[PR]

by kotendesky | 2013-04-05 01:15 | 冗舌亭日乗
2013年 03月 26日

結束

f0019379_14393361.jpg


一線北海道五人展のメンバーが、久しぶりに集まった。


次回のグループ展の構想を話し合った。

グループの名称について、一線展の枠から外れても通用する会名にすること。人数の増減に関わらないものとする。
(実際には決まっているが…確認中)
次回会期は来年7月。
A室を申込む。
恥ずかしくない絵を描く(笑)。
図録を作る。
[PR]

by kotendesky | 2013-03-26 20:54 | 冗舌亭日乗
2013年 03月 14日

ESBIT&META

f0019379_10363723.jpg



エスビットという固形燃料と簡易な組立式コンロがある。
写真のように昔はエスビット以外にメタという固形燃料があったが、テント内で使用すると有害(殺鼠剤の成分)だということで使用されなくなってしまった。メタは燃えかすが残らずハゼることもないので、ガソリンストーブのスターター(予熱)として使う人も多かったが今は店頭にない。

このエスビットコンロは最も簡易で軽量なので、人気もある。エスビットで米を炊くことも可能だ。エスビットとメタの組合せが気に入っていたのに今は我慢してエスビットか、近場なら長期保存には向かないが、宴会で使うアルコール固形燃料も良い。

山登りの人にメタという話をしたら、結構年配者でも知らない人がいることを見ると、ガソリンストーブの衰退が分かる。今や取り扱いが楽なガスストーブが主流なのだろう。自分もそうだ。

飛行機に乗って山行するときに困るのは、適合するガスボンベが目的地に売っていないときもあるという点だ。飛行場に山登り用品の店を出せば、季節もあるが結構売れると思う。メーカーによって適合しないのは不便だ。この点はメーカー間に統一規格を作ってもらいたいと思っている。
山の用品やキャンプ用品は防災グッズに使えるので、用意している人も多いと聞く。カセットコンロのボンベ規格は統一されたようだが、山用品はまだのようなのだ。

ちなみに、写真のメタには86年というメモがある。27年も前の燃料が燃えたときにはちょっとした感激だった。

(メタとエスビットに関してはwikipediaに記述があります)
[PR]

by kotendesky | 2013-03-14 12:56 | 冗舌亭日乗