(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:最新情報( 52 )


2008年 09月 30日

一線美術展

第59回一線美術展に入選お知らせが届いた。
はじめて公募展所属となった。
作品を描いて、運送屋さんに託し、その後の動きはまるで分からないだけに、
突然の知らせがうれしかった。
絵を本格的に発表して3年目。何とか東京近辺の知人友人に観てもらえる。
これがうれしいことだ。

一線美術展は10月5日日曜日から10月14日火曜日までです。
場所は東京都美術館(上野公園藝大側)
[PR]

by kotendesky | 2008-09-30 00:10 | 最新情報
2008年 06月 09日

湯淺美恵さんの個展

f0019379_22301954.jpg

全国的な規模の公募展である日本水彩連盟で準会員に推挙され、
道展で過去に2度佳作賞を受賞し、あと一回受賞すれば会友の道が
開けるという位置にいる湯淺美恵さんがギャラリーで開く本格的な個展が、
明日6月10日から西区山の手の『ギャラリー山の手』で始まる。

湯浅美恵さんは大谷短大で故米谷雄平さんに師事し、
後年、水彩に転じてからは森木偉雄氏についた。

道展では苦労もしたようだが、日本水彩連盟では破竹の勢いで連続受賞し
今年春に準会員に推挙された。

時計と、人形とさらに娘さんらしき少女をモチーフとして人生を投影するような
思索的な画面構成を得意としてきた。
近年はそこに重厚な色彩と画面構築力が加わりさらにいっそう深い叙情性と
分析的で思惟的な示唆が重ねられ、注目しているうちに今日を迎えた。

最近、近美で北海道の水彩画という特別展が開かれたが、今日の水彩作家として
その中に加わっても決して見劣りはしなかったであろう。
ここ1,2年でぐっと実力をつけてきた作家である。

多分筆者の知る限りでは、透明水彩を基調としてこれほど重量感のある絵画を
描いている人は居ないだろう。
それは北海道だけでなしに全国的な注目を浴びても何にも不思議はないほどに
特異な傑出した作家だ。

6月10日(火)から30日(金)まで。10時から17時まで。日曜休み。
湯淺美恵さんのサイト
[PR]

by kotendesky | 2008-06-09 21:54 | 最新情報
2008年 02月 24日

Dandy man Mr.Yuhei YONEYA Dead.

f0019379_1335719.jpg

February 17 2008 his 69years life was closed of esophagus cancer.
He was our HERO in 1970's HOKKAIDO younger art scene.
In groups "the 12-RYO space's","The group sosiki" and so on.
So every time his position was leader or direction of his groups.
[PR]

by kotendesky | 2008-02-24 02:13 | 最新情報
2008年 02月 17日

グループ展のご案内

『この指とまれ展 ’08冬』
会場:ホテルポールスター札幌(中央区北4西6 ℡241-9111) 
    ポールスタープラザA,B
会期:2月16日(土)~3月1日(土)の2週間
時間:10時から19時(最終日17時)
f0019379_2213379.jpg

毎年2回ほど行っている恒例のグループ展です。
今回は水彩、油彩作家13名が展示します。

ホテル内ですので上記時間以外でも観覧が可能です。
入場は無料ですのでごゆっくりおいでください。
f0019379_23412337.jpg


次回予告:5月9日から23日の2週間(次回の会場は北海道銀行札幌駅前支店ギャラリー)
[PR]

by kotendesky | 2008-02-17 00:37 | 最新情報
2007年 10月 31日

錦秋の「すばる」

f0019379_23224123.jpg

 昨夜の星空は余計な水蒸気がはらわれたせいかとりわけ澄んでいた。明るい月がまだ
東北東の空に輝いていたが、うっすらと銀河も見えたようだった。
 東の空にはオリオンが輝き、その遙か天上には六連星(むつらぼし)という別名を持
つ昴(すばる)がいつも見える。

 その日の昼近くにその「むつらぼし」のような人は亡くなった。清い心と生きるとい
う意味をまだ若かった僕にそれとなく教えてくれた。
 それから二十年ほど経って、僕の初めての個展にその人は変わらぬ笑顔で現れた
 二十年の歳月はその人にも僕にも決して簡単に丸めて言えるものではないし
そもそも人生というのはそのようなものだろう。伝えることは多くあるが多く話せば
理解が深まるというものではない。饒舌ということはお互いに不得意でどちらかと言えば
普段の顔は無口な方だ。常に何かを思索しているような眼差しはある種の諦念のような
ものさえ伺わせた。

 「日本の科学技術を結集すれば理想とする福祉機器はいくらでも出来る。オーダーメイ
ドで何不自由のない機器が障害者に行き渡るはずだ」というのがその人の口癖だった。

 でも、日本の企業は確実にロボット工学から派生した技術で動く装具に進化しつつある。
 「遅れはしたがその芽は案外暗くはないのじゃあないのではないでしょうか。」
 こう言ったとしても「キミは楽観的だからなあ」と茶化しただろう。
 そうです、その少年のような笑顔が僕にやる気を起こさせ続けてくれたのです。

 享年67。香西智之(こうさいとしゆき)さんが逝ったのだ。筋ジストロフィーという
 治療法のない難病を感じさせぬ人生を乗り越えた生涯は見事と言うしかない。



 
[PR]

by kotendesky | 2007-10-31 23:23 | 最新情報
2007年 08月 27日

ある終わり

f0019379_23261520.jpg

山路を登りながらこう考えた。知に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。
兎角にこの世は住みにくい  …とは思わない。

知を用いれば解決もあろう。たまには情に棹さすことも必要だ。
意地を通すことはもっと大事だ。
兎角にこの世は考え次第。苦しくもあれ楽しくもある。

4月9日に母を亡くし、つい先頃8月24日に父を亡くした。
そうして、こう考えた。

人生、つまらぬ小事にくよくよすることなかれ、もっと大きな考えが大事だ。
ひとの優劣は紙一重。抜けるか抜けないかは自分の基の持ち方次第。
基の持ち方と気の持ち方は似ている。

考えていること、実現したいことと現実のギャップは大きい。
2分の一か3分の2か、それが問題だが、全体としてみれば所詮出来ることは限られている。
人生はあまりに短い。
しかし、その短い一生に人間の真価が問われ続けている。
[PR]

by kotendesky | 2007-08-27 23:44 | 最新情報
2007年 08月 26日

しばらくお休みします

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
職場が移転統合することになり、繁忙のため
しばらく、お休みします。

絵の方もなかなか思うように進みません(汗)
[PR]

by kotendesky | 2007-08-26 10:49 | 最新情報
2007年 07月 07日

北の大地ビエンナーレ

結果発表がありました。

サイトはこちら
[PR]

by kotendesky | 2007-07-07 02:32 | 最新情報
2007年 06月 13日

exblog全滅状態

このサイトや、栄通さん、美翠さん、ヤナイさんのギャラリー案内のエキサイトブログサービスを用いているサイトが全滅状態です。(訂正:美術ブログはエキサイトブログでも画像を用いていないので表示は速いです)
エキサイトのサーバーの不具合により表示に時間がかかる、タイムアウトが頻繁、投稿フリーズなどが発生し、まともな運営が出来ません。
光サービスを利用していても昔の電話線で表示している程度の速度です。

14日にメンテナンスを行う予定らしいですが、直るという保証も無いようです。
しばらく更新が滞ると思いますがご容赦くださいませ。
もっとも、当サイトの更新頻度はそれほど変わらないと思いますが…
[PR]

by kotendesky | 2007-06-13 23:29 | 最新情報
2007年 06月 09日

搬入

北都館に搬入を行いました。
今年4度目の搬入作業です。
目録には10点となって居ますが、壁に余裕がありましたので3点を夜9時に追加しました。

f0019379_228588.jpg
f0019379_2281528.jpg
f0019379_2282528.jpg


北都館のサイト
[PR]

by kotendesky | 2007-06-09 22:08 | 最新情報