2008年 11月 25日

久しぶりの腰痛

三連休の締めは仕事。

当番は、不思議なことに急患の呼び出しや手術が重なる人とそうでない人に分かれる。
その流れはある程度の波があり、だんだんと呼び出しの回数が他の人に移る。

摩訶不思議な現象だ。

どちらかというと自分は若いときに救急をやっている頃から重傷の患者さんに当たる回数が多かったが、この2ヶ月ほどは平和な当番が続いている。

それでかどうか分からないが、緊張なのか安心なのか夜に腰痛がひどくなりかけている。
いまにもぎっくり腰になりそうな予感。
先ほどから、骨盤周辺の筋肉をほぐす体操をしているが、腰椎がぐらぐらするような感覚が
続いている。

5,6年前に公園を歩いている際に急に動けなくなり、背中の痛みが前に移り、肋骨を覆う筋肉が痛くて呼吸もままならなく、うずくまったことがある。
あとで人に話すと、胸が痛くなるのは本物の急性腰痛症(ぎっくり腰)だそうだ。

その時は、徐々に腰の筋肉を強化して人の倍はあろうかという立派な筋肉を作り上げたが、
ここ3年ほどは絵を描くことが忙しいのでスポーツクラブにも行っていない。

そういう不摂生が重なって時々ぐらぐらとするが、とうとう二回目が来そうだ。
憂鬱だなあ。

追記
ワイフの車がエンコした。バッテリー上がりらしい。充電すると何とかエンジンがかかったが
バッテリー交換は必須の状況。
前回の交換から5,6年は経過している。ドイツのバッテリーは弱い。
まあ、価格は国産並みだが…
[PR]

by kotendesky | 2008-11-25 00:27 | 冗舌亭日乗


<< 東京に居ます      道展のメモ >>