2008年 11月 15日

道展のメモ

道展の搬入数と入選数および倍率です。

第82回道展
       搬入数 入選数   倍 率
日 本 画   22点  16点  1.38倍
油  彩  393点 156点  2.52倍
水  彩  108点  26点  4.15倍
版  画   60点  23点  2.60倍
彫  刻   26点  17点  1.53倍
工  芸   94点  40点  2.35倍

合  計  703点 277点  2.54倍

会期2008年10月23日から11月9日 17日間の入場者数1万1千868名


今年の傾向としては、常連入選者が落選し新入選もしくは復活入選が若干増えたこと。
これは、道展が落とすための審査になっていた昨年までの反省から、出来るだけ入選者を
入れる審査に傾向が変わってきたように思います。
審査の会員も作家であることに変わりがないので、出来るだけ入れてやりたいという気持ちは一緒です。
本来公募展は、全くレベルに達していない作品は別として、入選させるための審査ですから
会場の許す限り作品を採用したいのです。
しかし、市民ギャラリーは277点の作品を陳列するのが精一杯ですから、ボーダーライン
に位置する常連作家は隔年入選という措置で道展作家の裾野を広げる努力をしているのかも知れません。

ですから、毎年安定して入選すると言うことは道展作家として力量が認められている、安心して
推薦できる作家だと思います。

その中に是非はいるようこれからも精進して行こうと思います。

すでに、来年の個展と公募展の作品のエスキースを描き始めました。
絵を描くと言うことが生活に組み込まれているので、一定のリズムで作品を手がけています。
[PR]

by kotendesky | 2008-11-15 23:03 | (七転八倒)制作記!


<< 久しぶりの腰痛      道展を観てきました >>