(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 20日

三連休初日は仕事

年間60日ほどある、当番日のためいつも通りに出勤した。
ルーティンの仕事を終えて、さて今日はどうしようかと考えていたところ、
外科の先生から院内用のPHSに連絡があり11時か12時頃急患とのこと。
待機する。
別の先生から病棟へ来て欲しいと連絡がある。

食堂が休みなので土曜日も開いている売店から昼食を調達して、わずかな空き時間に食事をする。

結局、午後3時頃まで病院で待機。二、三日前から高熱の患者さんが気になっていた。
やはり連休初日は、発熱の患者さんが来られたようだ。

夕方、家に戻るとデッサン会からワイフも帰ってきて、玄関前でばったり会う。

夕刻、再び呼び出しの℡。急いで車を走らせる。やはり高熱の患者さんだ。

このところ雨模様の日が多く、暑いようでいて、結構冷えるので
Tシャツなどの薄着では子どもは体温変化がうまくついて行かないようだ。

結局帰ったのは8時頃。夕食で少し落ち着く。

今晩は、途中で呼ばれても中断できる100号の下塗りをしようと考えていたが、
そううまくは行かない。
やはりオフの日でないと予定は入れられないと言うことか。

深夜から早朝に起こされなければ、明日の昼は出かける約束をして寝る。
[PR]

by kotendesky | 2008-07-20 01:37 | 冗舌亭日乗


<< 帰宅途中の発見      ついにめまい >>