(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 30日

キャンバスを貼る

個展に向けて120号のキャンバスを貼った。
ここ2年の経験から、
大作はキャンバスの一次貼りと二次貼りをすることが必須と思え、
今回は仮貼りと言うような感じにした。後日2度目の貼りをする。
さらに下地と下書きの段階で3度目の貼りをする予定だ。

以前は100号が自分の最大サイズと思っていたが、
公募展級の絵だと120号から130号でなければ見栄えがしない。
したがって、これからは100号一枚と130号一枚を仕事としたい。

130号は二階の画室から階段を降ろすのは不可能と分かったので
130号だけ1階の居間で描くことになると思う。

そもそも、アトリエは無料で借りているので
1階の居間を使用するのは契約違反だ。

なぜ130号という未知の大サイズを選択するかと言えば
画面構成を考えると、今後のモチーフでは100号だと弱い。
世界が100号に収斂されると対象が小さくまとまりすぎると
感じるのだ。

その意味をそれとなく「大家」に話したが答えは『ノーコメント』だった。
最近は絵の具を飛び散らすことが少なくなったのでブルーシートを
貼ってゲリラ的に無断使用することになるのだろうなあ。

ともあれ、大作のキャンバスを貼る作業はたいそうな肉体労働である。
こういう作業を女性の作家がやっているところを見ると、
尊敬する。
[PR]

by kotendesky | 2008-05-30 00:32 | (七転八倒)制作記!


<< ≪続≫キャンバスを貼る      土曜日・日曜日 >>