(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 09日

ギャラリー巡り 3月8日土曜日

高橋靖子展
STV北2条ビル エントランスホール

刺繍を用いた最近の作品が目を引いた。
タブローの場合は文字や切手など余計な要素も含まれているが、刺繍は純粋に糸で
神経や血管のような切れ切れの人生の断章を連結あるいは関連づけもしくは意図して
分断しようとしている作家の境地が見える。
光を介して不思議な感じ方の変化も体験できる。

教育大芸術文化課程美術コース教員展
時計台ギャラリー

特に感想なし。あんなモノなのか。
時間が無いのは分かるが、やっつけ仕事で展示されてもなあ…

誰かが書いていたが伊藤隆介さんの作品を納得できる環境で観たいなあ。

3階で札幌美術学園特設絵画コース修了展もやっていた。




アクリルアワード作品展
セントラルスカイホール

アクリルである必然姓というほどの作品は無かったなあ。
油彩や水彩でこれまで試みられた技法と構成の作品ばかり。
新しい体験がなかった。


本宮順子個展
ユリイカ

油彩の小樽の小路が良かった。
他に水彩でスペインの小路1,2と恵庭ガーデンの室内のドア付近を描いた作品

7月に友人と二人展。こちらはさっしんギャラリーで。
本宮さんは水彩を展示予定だそうだ。

会場でSHさんとばったり会う。

その後三平の醤油ラーメンを久しぶりにゆっくり食べて帰宅。
[PR]

by kotendesky | 2008-03-09 04:32 | ギャラリー放浪記


<< 札幌美術展2008 ---美...      まずい >>