(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 12日

みなもの会新春日本画展の私的メモ

出品者が多くなり作品が小さくなった。
3年前から注目している津田真知子さんの大きな作品を今年も観たかったが残念。サイズの制限で完成度が今ひとつだ。
躯幹と頭部の移行に解剖学的考察を重ねればもっと良くなるだろう。
彫刻作品をたくさん鑑賞することで解決策は見えてくるのではないか。
[PR]

by kotendesky | 2008-01-12 00:47 | ギャラリー放浪記


<< 『センタンデ サスワササレルワ...      東山魁夷:怪異な大版画展 >>