(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 31日

錦秋の「すばる」

f0019379_23224123.jpg

 昨夜の星空は余計な水蒸気がはらわれたせいかとりわけ澄んでいた。明るい月がまだ
東北東の空に輝いていたが、うっすらと銀河も見えたようだった。
 東の空にはオリオンが輝き、その遙か天上には六連星(むつらぼし)という別名を持
つ昴(すばる)がいつも見える。

 その日の昼近くにその「むつらぼし」のような人は亡くなった。清い心と生きるとい
う意味をまだ若かった僕にそれとなく教えてくれた。
 それから二十年ほど経って、僕の初めての個展にその人は変わらぬ笑顔で現れた
 二十年の歳月はその人にも僕にも決して簡単に丸めて言えるものではないし
そもそも人生というのはそのようなものだろう。伝えることは多くあるが多く話せば
理解が深まるというものではない。饒舌ということはお互いに不得意でどちらかと言えば
普段の顔は無口な方だ。常に何かを思索しているような眼差しはある種の諦念のような
ものさえ伺わせた。

 「日本の科学技術を結集すれば理想とする福祉機器はいくらでも出来る。オーダーメイ
ドで何不自由のない機器が障害者に行き渡るはずだ」というのがその人の口癖だった。

 でも、日本の企業は確実にロボット工学から派生した技術で動く装具に進化しつつある。
 「遅れはしたがその芽は案外暗くはないのじゃあないのではないでしょうか。」
 こう言ったとしても「キミは楽観的だからなあ」と茶化しただろう。
 そうです、その少年のような笑顔が僕にやる気を起こさせ続けてくれたのです。

 享年67。香西智之(こうさいとしゆき)さんが逝ったのだ。筋ジストロフィーという
 治療法のない難病を感じさせぬ人生を乗り越えた生涯は見事と言うしかない。



 
[PR]

by kotendesky | 2007-10-31 23:23 | 最新情報


<< 再び下地      点滴と24時間勤務 >>