(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 28日

眠い…

絵を描かなければならないのに、夕食を摂ると眠くなる。
そこを我慢してアトリエに直行。しばらくぼおーーっと、野田弘志さんの画集など観る。
スフマートで描く。絵の具の結晶のようなマチエール。描ききったときに空間が自分の世界になる。と言うようなほとんど自分とは縁のないというか及ばない表現に出くわす。
それでも自分の絵を目指して頑張ってみる。
絵は人なりである。自分の絵は自分にしか描けない。今の自分が絵の中に魂する。
そう、「タマシイする」のだ。
師匠の絵とも親父の絵とも違う、自分の絵だ。誰がどういおうとも自分には違いない。
アトリエの室温18度。道展の制作期間は盛夏から秋まで激しく室温が変化する。
真夏の夜は水道で頭から水を浴びてタオルの鉢巻きとランニングシャツと半ズボンから、この頃はトレーナーにジャージーのズボンまで変化した。帰りに玄関を出るとふと暖かく外気温を感じた。

帰宅してメールを開くと、本宮さんのブログ開設のお便り。
がんばり屋さんの本宮さん。開設おめでとうございます。

なにか久しぶりに良い日が来た。

仕事も、絵の方もなんとか順調に推移している。
絵を描きながら、職場での出来事などを反芻しながらいつの間にかストレス解消になっていることを発見する。
やはり絵を描いて良かった。没頭するという姿勢ではないが絵を描くことで自分の目標が次第にはっきりとしてきた。
[PR]

by kotendesky | 2007-09-28 00:35 | (七転八倒)制作記!


<< 水の深さ      通勤 >>