2007年 02月 19日

少し目処が立ってきた

f0019379_2334858.jpg

作品を額縁に入れてみる。
作品をどの段階で一応の完成とするかは難しい問題である。
完成はしないと言っても過言ではないし、作家が作品の制作をやめる時が完成という言い方も出来る。
私の場合はある程度自分で解決策が見えている時は未完成で、2,3週間手を入れられない期間が経過すると、アトリエから下に降ろす。
作品は作家の手から離れると自ら呼吸を始めるような気がする。
不思議だがそう感じるのだ。
[PR]

by kotendesky | 2007-02-19 23:08 | (七転八倒)制作記!


<< 北の大地ビエンナーレ      雑誌『O-tone』 >>