(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 18日

雑誌『O-tone』

f0019379_2024062.jpg

雑誌O-tone(オトン)だ。
札幌の雑誌だがいわゆるタウン誌とは違う。出版社側から言えばカネを取れる雑誌だ。
切り口はサライ風ではあるが、登場人物はほとんどが札幌市内の人だ。
その75ページに佐藤浩司さんの名前が見える。
f0019379_2032565.jpg

f0019379_2041082.jpg

天才刷り師佐藤浩司さん(佐藤友哉さん(近美副館長)の表現)のことだ。
プロの刷り師に作品を発注することはなかなか出来ないが、パソコンの表現では出来ない微妙な作家の意図までも再現する。
セリグラフは昔はシルクスクリーンと言われたが、現在は版の重ね方を重視してセリグラフと呼ぶ。
もちろんグランド紙を切り抜いた程度のシルクスクリーンとは全く次元が違う写真製版が主要な技術だ。
しかし、矢崎勝美さんのスタジオでは佐藤浩司さんの刷ったグラデーションだけの美しい下図を見たことがある。
スクリーンをマスキングテープだけでサイズに仕切り、インクを刷っただけのものだが、均一で美しい明度だけの階調が新鮮に映る。とても丁寧な仕事だ。

仕事は単純なものほど難しく、技術や経験が鋭く現れるものだと思う。

オトンは市内の書店にて680円で販売中。発行は株式会社あるた出版(電話222-0088)。
http://www.alter.co.jp/
精神医学のアルタ出版㈱とは別の会社だ。
まだ、季刊らしく次回は4月5日発売。
札幌を舞台にした季刊では『札幌人』もある。
両誌は切り口も編集哲学もまるで違う。なかなか継続することは厳しいが頑張って続けてほしいものだ。
健全な雑誌が存在すると言うことはその街の文化の指標だと思う。
[PR]

by kotendesky | 2007-02-18 20:06 | 冗舌亭日乗


<< 少し目処が立ってきた      第97回どんぐり会展(18日まで) >>