(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 01日

道彩展 会員・会友展

1月22日から27日【終了】 時計台ギャラリー2階全室
道彩展(北海道水彩画会)は、八木保次さん率いる水彩の半具象、非具象の会だ。
水彩とか油彩とかの分類は不要であるという主張がみなぎっている意識が迫る。

f0019379_2317171.jpg
工藤和子さん「ハンチング」
オーソドックスだが安定した構図とタッチの佳作。ジーンズの質感も良い。色を自分の味方に出来れば数段良くなると思う。

f0019379_23173513.jpg
横内恵美子さん「花」
背景と同化したような部分もあるが、それが画面の変化でもある。
f0019379_23174955.jpg
寺岡弘子さん「凍つく」
風の流れを感じる情趣。遠景の家に雰囲気があり、画面を引き締めている。
f0019379_23181413.jpg
中橋るみ子さん「Memory」
この人の絵に注釈は不要だろう。しなやかな腕のフォルムがよい。
f0019379_23183321.jpg
木村琴絵さん「枯れてゆく秋」
画面の花が枯れて行くというのだろうか。それにしては美しい絵だ。枯れるのは惜しい。
f0019379_23194151.jpg
中田やよひさん「黒猫」
味のある黒猫の佇む様子を静かに描いている。

f0019379_23233793.jpg
青木光樹さん「spring has come」
絵という表現の基本を示している。説明的でない状態でぎりぎりの表現に迫っている。
f0019379_23201567.jpg

[PR]

by kotendesky | 2007-02-01 00:08 | ギャラリー放浪記


<< おおたにの100点      第178回伊藤太郎水彩画展 >>