2006年 12月 31日

来年も続けます

と言いましても、これまで通りの絵を描いて行く事には変わりないのですが。

今年もあと残すところ8時間を切りました。
昨年の今頃はアトリエで新年を迎え、元旦から絵を描いていました。
今年の最後の夜もアトリエの住人として新年を迎えます。

今年は思う存分絵を描くことが出来たと思います。
そして、色々な体験が出来ました。
少し飛ばしすぎたとか焦りすぎだとか自分に言い聞かせて
新年をやはり焦りながら迎えます。

人生54年。相当に遠回りをし、紆余曲折を経ながら何とか自分の
世界らしきものを見つけたような気がします。
まだ、曖昧で不確かな足場には違いありませんが、この余の人生において
自分の拠り所が確かにあるという実感を持つことが出来たとも思います。

絵という世界を通じて人生における大切なものを得たような気もします。
勉強を続けるという意識が堕落しやすい自分を
少しは救ってくれて居るように思っております。

みなさま、良いお歳をお迎えください。
[PR]

by kotendesky | 2006-12-31 16:07 | 冗舌亭日乗


<< あけましておめでとうございます      人間ドックその後 >>