(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 27日

ふむふむ…

f0019379_234547100.jpg

一時、海外滞在を繰り返していた時期がある。
87年から95,6年だ。
ハリケーン "INIKI" はその猛烈な風の真っ只中にいた。
前の夜にタクシードライバーに今夜は蒸し暑く潮の臭いがきついと
ハリケーン襲来を教えられた。
ダイアナ事故死は夕食の時、英語版(当たり前だが)の
CNNで飛び込んで来たニュース映像で衝撃を受けた。
多分日本人で一番早く知った人間のひとりだったろう。
キャスターが上ずった泣き出しそうな声だったことが思い出される。
ブッシュ親父の湾岸戦争の時はパリにいた。
新聞を読む事も無く、テレビのない安アパートだったので、
帰国の飛行機の中で戦争が始まった事を知った。

海外では自炊を旨としているが、まれにレストランに行く。
予約をしないでバーでくつろぐ方法やメニューの組み方をそうした
中で鍛えられた。
食事をエンジョイするというライフスタイルは海外で自然と身に付いたものだ。

人間には、基本的なマナーというものが求められている。
これは社会生活をする上で、もっとも重要なことだと私は思う。
最近は身勝手な人達が多いような気がするが、これは個人主義でも
自由でも何でもない。
単なるわがままだ。
その場にふさわしい振る舞いをすると言うことは
回りへの尊敬と気配りがすべてだと思う。
思いをいたさないということは、きれい事に巧言を
弄してもすぐに知れる。人間として大きな欠落を有している人を
誰が大切にするだろうか。

私の友人のひとりは、同じような考え方をいまだにしている。
昔と変わらないなあと思いつつ、いつも苦笑しながら読んでいる。
URL
[PR]

by kotendesky | 2006-11-27 23:45 | 冗舌亭日乗


<< ギャラリーどらーる10年の活動に幕      身辺スケッチ >>