2006年 11月 21日

常に考えている…

f0019379_21265580.jpg

絵を描く人は、多分皆さんそうだと思うが、常に絵を描くことばかりを考えている。
ある程度、絵に対する自分の姿勢やテンションが固まってくると、
『何を描くか』と言うだけでは足りなく、
『何をどう描くか』ということを考えなくてはならないと思う。

現在自分は、自分の世界に沈潜する絵を描きたいと思っている。
次回の個展は、来年の5月に”さっしんギャラリー”で開催予定だが、
そのテーマは何となく固まってきている。
たおやかなる日々を求める基本姿勢は変わらないが、
たおやかなものという漠然とした期待の中に
失われつつある現代人の病理を自分の表現で表したいと思う。

漠然とした不安、失われつつある日本人の勤勉さ
あるいは質素でも豊かな感性という、
本来日本人が持ち合わせていた心の奥深くに潜む
基本的な価値感に少しでも近づき描きたいと思う。

バブル期に強烈に感じたが、
人間は持って生まれたものしか残せないものらしい。
そういう人間の本質に少しでも近づきたいと思う。

そんなことを考えている。
[PR]

by kotendesky | 2006-11-21 21:27 | (七転八倒)制作記!


<< 身辺スケッチ      カレンダー >>