(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 20日

夕張へ…(4)

f0019379_23464438.jpg 道展の搬入が終わり、さて小林英吉氏の『草原』探索の旅を再開しようとしていた。
一昨日このブログを見ると、コメントに小林英吉氏の文字が記載されていた。
『草原』を所蔵しているとのニュースである。
連絡方法はコメントしかない。早速コメント欄に連絡方法の指示を仰ぐ内容の書き込みをした。

急展開というのはこのことを言うのだろう。
日中、自宅に電話が入った。所有しているのは英吉氏の御兄弟である。そのご子息からのものだった。
電話は妻が受けた。おおよその事情は妻もこのブログで読んで知っていた。

夜、帰宅した私に再度ご子息からご丁寧な電話連絡があった。
江別市大麻にご自宅があり、作品の保存室も備えておられるとのことであった。
小林家は家族の絆がとても強いと言うことはこの連載の2回目に書いた。やはりその見方は正しかったと思う。
作品を保存していることも幸いだったし、保存のための部屋を用意しているというのも大画家の親類としてはとても立派なことだと尊敬する。

電話で聞いたおおよその次第は次のようなものだった。

私がたびたび道新の梁井朗さんの主宰する『北海道美術ネット』にコメントを描き込んでいることを英吉氏のご長男のご子息が読んだことに始まる。リンクを読み進むうち『小林英吉』氏や『草原』というキーワードが目に止まったらしい。リンクをたどって私のブログに行き着いたと言う。
インターネットはこうした人とひとのつながりが出来る便利な道具である。

『草原』を巡っては数奇な巡り合わせが多くある。
小林英吉氏が満州から引き上げて最初に住んだのは赤平市豊里となっている。この経歴は夕張市美術館の源籐学芸員から送られた資料に記載されていた。豊里は私の妻の実家があった所である。人口の多い町だった様だが妻の実家はそこでは少し名の知れた家だったのであるいは当時の交流があったかも知れない。妻の亡父は趣味で絵を描く人で、赤平時代に小林氏とは多少の交流は有ったようである。
さらに、私の絵の師匠はご長男と交流があったことは前に聞いていた。
私と英吉氏の関係も末のご子息と友人であることで、何度かご自宅にお邪魔したこともある。
一枚の絵画作品を通じて様々な方々と一気につながりが出来た。
今回の『ヤマのグラフィック 炭鉱画家の鉱脈展』が大きなきっかけとなったことで源籐氏とも交流を持つことが出来た。
さらに、長く交流が途絶えていた友人とも連絡が取れた。

小林英吉氏が心血を注いで完成させた氏の群像の傑作、『草原』を媒介にしてこれほど多くの方々から作品の所在探しにご協力を頂いたことは、美術という分野を愛しているからだろう。
本当に心底から感謝している。

後日、作品を拝見にお邪魔するお約束をした。
三十数年を隔ててついに作品と再会することになる。(つづく)

※夕張市美術館が来年三月をもって閉館の危機にあるというニュースを知った。何とか残せないものだろうか。維持費は年間五百万円ほどだという。寄付を集めてでも維持できないかと知恵を絞っている。 美術ネット別館
[PR]

by kotendesky | 2006-10-20 00:37 | 小林英吉氏『草原』への旅


<< 落選      子供への愛 >>