(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 27日

村谷利一個展/吉川恵美子・本宮順子姉妹展

村谷利一個展

道展会員の村谷さんの個展。
従来の小樽らしき身近な町並みの絵から一変して、石狩河口や張碓などの風景を詩情あふれるタッチで描いています。
f0019379_124678.jpg


f0019379_125962.jpg


f0019379_131044.jpg

風景画というジャンルは実景の描写も非常に大切ですが、画面構成というもう一つの創作も重要です。
スケッチから作品に仕上げるという作業はやはり何枚ものデッサンやエスキースを描いてからでなければ出来ません。
村谷さんは小樽市塩谷にアトリエを構えたそうです。
[時計台ギャラリー06年8月21日から26日]

同じ会場、同じ会期で
吉川恵美子・本宮順子姉妹展

こちらは本宮さんに必ずお知らせをくださいねと約束していた姉妹展
古希、還暦という姉妹ですが、お二人ともとてもそんなお年には見えません。
作家もそうですが、作品も若々しい。

f0019379_1155796.jpg
f0019379_1164253.jpg
f0019379_117063.jpg

上から「厳冬の漁港」、「晩秋の香Ⅰ」「雪原の樹」いずれも本宮順子さんの作品。
重厚な下地マチエールを作りその上に薄塗りで仕上げる作風です。厳冬の漁港は黒百合会に連なる伝統的な画風です。
下の作品は姉の吉川恵美子さんの作品「凍(しば)れた朝」。冬の道庁の絵ですが、他に秋の北大や80号の風景画もありました。秋の北大キャンパスの枯れた情景を描いた渋い作品は来年のろうきんカレンダーに採用が決まったものです。
f0019379_1171336.jpg

[PR]

by kotendesky | 2006-08-27 01:14 | ギャラリー放浪記


<< 初めてドームへ      パレット >>