2006年 08月 25日

パレット

f0019379_0412054.jpg

私は油彩歴は長いのですが、大きな作品はこの2年間がほとんどすべてです。その前には50号が最大で、パレットも父親がシナベニア板を切り抜いて作ってくれたものでした。
高校時代の油彩セットに同梱されていたパレットは授業で持ち歩く以外は使っていませんでした。
普段は大きめのパレットに絵の具を出して中心部だけ拭き取って使っていました。
その後自分でもパレットを作るようになり、今年の初めまでは横50センチくらいの長方形のパレットを使っていました。今でも30号くらいまではそちらを使います。
今回100号の作品を描くに当たって横幅80センチのパレットを新調した次第。
こちらは絵の具を出す部分を作らず、毎回作画が終わったら全部拭き取ります。
ローラーで絵の具をのばすときに平滑でなければムラが出来るので平面性には気を遣っています。
パレット専用のテーブルに置いて使っています。ですから指の通る穴はありません。

f0019379_0413543.jpg

少しずつ絵も出来てきましたがまだまだ先は長いです。
[PR]

by kotendesky | 2006-08-25 00:42 | (七転八倒)制作記!


<< 村谷利一個展/吉川恵美子・本宮...      こんな新刊いかがでしょう? >>