2013年 04月 13日

閉店

f0019379_14202045.jpg


小樽の名店、コーヒーの「ろーとれっく」が閉店した。
ろーとれっくは前身の小樽駅前の国際ホテル(小樽サンビル)1階にオープンしたおしゃれな喫茶店だ。カウンターごしに小樽駅が見えて、雪の午後などは旅情をそそる映画のような景色だった。
ビルの建て直しのため移転し現在地(静屋通り)に移って、かつてのカウンターを寸法までそのまま移設して、美人マダムが同じような雰囲気で営業していた。昨年夏以来久しぶりに今日訪れたら、跡地で別な店がオープンしていた。店内に開店祝いの花が並んでいたところを見ると、2,3日以内のほやほやであろう。
当面、ろーとれっくと同じ豆で焙煎も同じものでコーヒーを出すそうだが、ろーとれっくが当初は男性のマスターで後に美人のマダムがてきぱきとスマートかつおいしいコーヒーを淹れる店だっただけに、残念だ。店内には常にジャズが流れ壁には大畠 裕さんの絵が飾ってあり、聞けばマスターだったという。

「喫茶店」が文化としては廃れつつある現在。ろーとれっくは昭和のコーヒーが飲める数少ない店だったが、その灯りも消えた。
青春の終わりから壮年、老年期まで一緒に歩んできた気がする。お疲れさまと言いたい。
[PR]

by kotendesky | 2013-04-13 21:54 | 冗舌亭日乗


<< 絵のサイズ      道具オタク? >>