2012年 01月 19日

北の空に大火球(夜)

夜、愛犬の散歩の途中で南南西から北北東の空にかけて、見かけ上大型テレビくらいの
流星を目視。
青白い光がゆっくり1,2秒見え、最後はオレンジ色に崩壊して消えました。音もしたようです。
時刻は19時50分頃です。
仰角は40度くらい。

気温マイナス5度、薄曇り。

見え方はハヤブサの最後の地球大気圏突入と似ていました。ただし最初は1個。最後に分解して4,5個か。


追記:この火球は次の日(1月20日)にも見えました。夜9時55分頃です。同じ方角同じ高さ、同じような航跡。
何でしょうか、この偶然は。
考えるに、自衛隊の夜間訓練の曳光弾か標的が光って見えたのか。そういえば標的の大きさはあんな感じだったはず。二人と一匹で見ているので、幻視ではないと思うが…
[PR]

by kotendesky | 2012-01-19 23:33 | 冗舌亭日乗


<< ひるの憩い      絵画するというプライド >>