2011年 07月 25日

続・原発地域の子どもたち(2)

内部被曝ということが問題視されて非常に危険なことと認識されている。それはその通りだ
が、これらの世代は今よりもっとひどい内部被曝をしている世代なのだ。しかも日本国中でだ。
前にも書いたが福島の爆発は水素爆発であり原子炉が直接核爆発したものではない。吹き上
げられた放射性物質はずっと少ない。
今回の場合は逆に今でも少量の放射性物質は吹き出ていると考えないといけない。
今後小爆発や石棺工事が本格的に始まると爆発的ではないが今より吹き上がることは明白で
ある。
それと、汚染水はやがてはあふれて海に流すことになるだろうから、海洋汚染も今後問題に
なる。今度流すのは非常に濃厚な汚染水である。これは何とか阻止しなくてはならない。そ
のために、政府のやるべき事は、原発周辺の敷地内若しくは20㎞圏内までに汚染水プール
を早急に作ることだ。これはもう遅いのだが政府は早急に着手しなくてはならない。

先日武田邦彦教授のテレビ番組があり、子どもの好きそうな場所すなわち藪や砂場やグラウン
ドや屋外プールなど一年くらい子どもに我慢させたら良いじゃないかという意見だった。
危険な数値ではないが我慢させるのは同感だ。こういう世の中でヒステリックな両極端の意
見の人がいる時は我慢させたら良いじゃないかとは思う。武田教授の言い方もそれに近い。
不安だから一年くらい我慢しようじゃないかというのは科学者としてより日本人として共感
する。日本人が冷静になれるまで、とりあえず我慢しよう。
そして、ブランド肉も我慢させて、本マグロも我慢させて少しは飽食から離れてみればよい。
こういうものは生命に対する慈しみが身に付いていない小学生のガキが食うものじゃない。
一年くらい少しだけ今後の生活について冷静に考えるのも日本人に必要な時間ではないだろ
うか。

もちろん、ブランド肉を廃棄してはならない。もったいないことである。
捨てるならチョーダイ(笑)。
巨大な冷凍設備を一年間使える業者が、タダでもらって保管したら一年後は堂々と売れます
よ。何せ危険じゃないほどのレベルだと言うことがすぐに分るから。冷静になるのは一年は
かかるでしょうから。
[PR]

by kotendesky | 2011-07-25 23:03 | 冗舌亭日乗


<< アメリカ国債信用度格下げ      続・原発地域の子どもたち(1) >>