2011年 03月 13日

計画停電

東京電力は14日から計画停電を実施。
これは病院はこまるなあ。
画像診断は全然出来ない。電子カルテが使えないので外来診療がかなり制約を
うける、
薬品の保管が大変な対策が必要。
画像をネットワークで電送している病院では、手術室や病棟で画像を観察しようとしても
出来なくなると思う。
外来診察室から医師が画像を診るために放射線部に出向かなくてはならない。

コ・ジェネで電力の3分の1くらいは供給できる病院があるが、大型画像診断の実施は無理だろう。
それらは、停電時間以外に集中するひつようがあるが、日中に4時間ほど停電されると、緊急時の
検査は無理だ。

時期は『当面のあいだ』と言われている。
当面のあいだ?
『当分のあいだ』か『当面』が正しい日本語。
『当面のあいだ』という言い回しは2,3年前から出てきた日本語だが
NHKはじめ新聞各社が普通に使い始めたようだ。
NHKと主要新聞各社が日本語の公用方法を左右する。
正しい日本語というものはもはやなくなるというのが、実感だ。
[PR]

by kotendesky | 2011-03-13 23:22 | 冗舌亭日乗


<< 汚染と除染      昨今のアクリル絵の具の事情④ >>