(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 30日

箔押し機

箔押し機大きい方を処分して身軽になれと妻は言うかも   (和歌山市 勝田鉄也)

この歌は30日の朝日歌壇に掲載された。

箔押し機とは書籍の表紙に金箔などの箔を施す機械のことである。
大きい方というのは、卒業アルバムや賞状などの大きな版の機械と言うことであろう。
作者は箔押し屋さんもしくは印刷業を営んでいるのだろう。
製本機や箔押し機を印刷業で行っていた例は多い。
この業界は言うまでもなく寒風が吹きすさんでいる。

この歌で印象深いのは「大きい方」という形容の仕方である。
箔押しも印刷も言うまでもなく不況業種だが大きい箔押しというものも
不景気にともなって象徴的に描かれている。
「大型の箔押し機をまず処分して…」とは「妻」は言わない。
「大きい方」と妻も作者も普段から何となく呼び、無意識に仕事への愛着や
機械そのものへのいたわりが込められている。お互いの心の中では
この先大型の箔の注文はないというのが暗黙の了解事項なのあろう。
いずれ小さい方もご用済みとなることは言わずもがなで二人の間にある
同志としての若い頃への郷愁がにじんでいる。

ちなみに箔押しの値段は最低限の価格でも本とじ製本は仮とじに比べて
1冊200円から250円アップの世界のことである。
その中に、表紙や箔の材料代と箔押しなどの手間賃が含まれる。
1000冊やっても実質的には5万円くらいか。
景気の良い時代に企業の経営者の回顧録などがばんばん注文されたときは
表紙だけで一冊300円の原価に200円を上乗せして営業をした出版社もあるだろうが、
現在では夢の話である。
書物に豪華さや重厚さを与える箔押しも、今となってはもの悲しい響きの漂う言葉になった。

末尾の「言うかも」は「かもしれない」の意ではなく「言うけれどなあ」という
嘆息の余韻の言い回しでありこの歌の情趣を深いものにしている。
[PR]

by kotendesky | 2010-08-30 17:37 | 冗舌亭日乗


<< 長期研修      光栄なる引用 >>