2010年 06月 27日

忙しいけれど

ちゃんと絵も描いています。

6月に着手した100号は昨年から始めた跡地シリーズ。
今回は近くの廃鉱の様子を構成しました。
コンクリートが朽ち果ててゆく光景、繁茂する草木、水の浸食など
何かの跡地にもかすかに変わりゆく萌芽が見えます。
すさんだ人間社会にも当てはまる跡地。そこに再生の努力が
少しでも起こってくれると良いのですが…
[PR]

by kotendesky | 2010-06-27 00:57 | (七転八倒)制作記!


<< ろうきんカレンダー      混迷民主党 焦点は幹事長 >>