2010年 02月 13日

2月もよろしくお願いいたします

北海道知事がフジタの絵画を6000万円が高いとした翌日の夕刊に
東京都知事は8500万円の負担金を払ってでも展示する価値はあると
上野動物園にパンダを借りると言う。
まあ、注目の効果はあると思うしフジタの絵画とパンダじゃ比較の問題にも
ならないと思うが、見せると言う価値判断という点ではよく似ている。

ただ、北海道知事の肩は持ちたくないが、今回の政治的決着に持っていった
方法は悪くなかった。
来年になれば5000万円で買えると思うし、ひょっとしたら今でも既に値下げ価格の
提示があるかもしれない。
それと、近美としても案外ほっとしているのではないだろうか。
いまさらコレクションにフジタじゃないでしょう。
いっそ3億6千万円全部使ってセザンヌでも買ったほうが価値はあるのではないだろうか。

地方美術館は、その地方でしか作品を後世に伝えられないような、忘れられる作家で
記録すべき作家の作品を収集するべきで、すでに評価が定まった作家の作品を収集する
必要があるのだろうか。

近美関連で「もっと他にやることがある」と言われたのだから、知事公館の敷地に
美術館を増築するプランを立てたほうが道民的にはプラスになると思うが。

少子化で学校現場での美術授業がおろそかになるような今日、集中的に近美で
各学校の生徒を集めて美術の授業を行うのも教育効果はあると思うし、公募展を
行うスペースの確保もできる。
庭園の北側スペースに増築して現在の建物とは空中廊下で結べば収蔵庫と講義棟と
研究施設が
一気にできるのねえ。
北海道議会の皆さん、いかが?

f0019379_232714100.jpg

(跡地  #1953 -simon St. 未完)
[PR]

by kotendesky | 2010-02-13 11:48 | 冗舌亭日乗


<< マチエールを通して絵を考える      ことしもよろしくお願いいたします >>