(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 21日

近況-Ⅱ

油彩の木枠が高騰している。
100号サイズが通販でも2万円近くする。
普及品だと9千円くらいか。でも、桟が横二本で短辺の曲がりが出る。
それで、日曜日はセントラルの画材セールで100号の普及品といっても、
従来の標準品で『キ型』の桟が入った杉材の木枠を3本購入。
『キ型』桟とは横二本と縦一本の桟が入っている。これを短いビスで止める。
この程度で何とか変形しないで居られる。値段も8900円強だから、まあ安い。
昨年、ご厚意で頂いた100号木枠が三枚と当面6枚を確保した。

画材通販の世界にも不況の影は抗いがたく、あつかい商品の減少や廃番がつづいている。
オリジナル木枠のようにメーカーから大量発注するオリジナルブランドも消えつつある。

そこで、北海道のカラマツ間伐材で油彩用木枠は作れないものだろうかと考えている。
普及品で、狂いの少ないものが出来ると林業の活性化にもつながる。
どうだろうか。
[PR]

by kotendesky | 2009-04-21 00:56 | (七転八倒)制作記!


<< ◎××◎×◎◎◎      近況 >>