2009年 02月 14日

主義

目覚まし時計の一回では、絶対起きない主義だ。
学生時代は目覚まし時計を常に2個持っていた。
就職してからもその2個を使っていたが、出張の日に寝坊して
同僚に起こされたときもある。
目覚ましの一台が寿命が来ていたことを知った。

昨日の朝は、目覚ましが鳴ってから、起きてアラームを止め、再び
ベッドに潜る。
これが快感ではないという人がこの世にいたら教えて欲しい(笑)。

予定では15分ほどあとに携帯電話のアラームが鳴る仕掛けになっている。
~~ああ、まだ寝ていられる…
と、思っていたら、一向に鳴る気配がない。

職場のロッカーに忘れてきたことを思い出した。

あ、あぶねえ。
[PR]

by kotendesky | 2009-02-14 00:34 | 冗舌亭日乗


<< 愚直にも      線に迷う >>