2009年 02月 12日

線に迷う

絵描きという者は線を描くために努力するものかも知れない。
迷いがない美しい線。
生きた線。
広がりの線。

点の連続とは言うけれど、線には美術の場合魂があり生命が宿る。

だから、線に始まって線に迷う。
一本の線を引くことに迷い、葛藤、ねらい、願望、欲…
それらのエキスがつまったものが美術作家の『線』である。

突き詰めるところ、線に命を込めている。それなくして自分は死んだようなものだ。
だから、思い通りは無理としてもねらいの50パーセントの線が引けたときは
自分が数段上手くなったような気がする。
そのような微妙な違いが分かることが絵を良くするポイントだと思う。
逆に言えばがさつな心根では良い絵は描けない。
欲や作為的なものは絵に現れるものだ。
目先の功利的なものにばかり視線が向いた作家に飾り以上の意味のある作品は描けない。
[PR]

by kotendesky | 2009-02-12 23:08 | (七転八倒)制作記!


<< 主義      徹夜の昼 >>