2009年 01月 29日

朝青龍に厳重注意

ガッツポーズが伝統と格式を重んじる大相撲の世界にふさわしくないとさ。

画像
まあ、下がりを振って万歳している姿は横綱らしくないといえばそうかも知れないが
ほほえましいとも見えるのじゃないかなあ。
国際的見ればフツーの光景だぜ。

じゃあ横審の皆さんに、品格はあるのでしょうな。
「最低だ」と言ったとされる映画監督は惰性で作品作りをしたことは無いのでしょうな。
某放送の方は殺人犯発言の予算委員長のニュースを
7時に放映中止したことはないのでしょうな。

格闘技としてみたら異例の15日もの間、毎日勝つか負けるかの勝負を繰り返し、
しかも2連敗もすれば力士生命を絶たれるほどの状況にあって、
重圧に打ち勝って最後に実力で優勝を決めた力士が、
ガッツポーズしたら品格が問われるのか。

横審の皆さんよ
『お前ら何様だ!』
[PR]

by kotendesky | 2009-01-29 23:01 | 冗舌亭日乗


<< 朝青龍の一瞬の真面目さ      やはりメモリーだったのか >>