(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 27日

やはりメモリーだったのか

自分の机の上は相変わらずごちゃごちゃしており、その様子は職場も自宅も変わらない。
生来の無精者で2週間前にamazonで購入したメモリーを放置したままにしておいた。
PC本体に到達する前に本やガラクタをよけなければならない。
昨年はマウスとキーボードも購入したが、当然それらも半年、3ヶ月という
放置熟成期間を経たわけだ。

それでも、本能的にメモリーに対する要求意識はあるらしく、
購入から2週間で一気に増設した。

自宅では4台あるうちデスクトップの2台はDELLコンピュータだ。
このメーカーは筐体のカバーが開け閉めしやすく出来ているので助かる。
工具もいらない。
パワーマック時代のアップルと比較すると月とスッポンの差だ。
パワーマック8100や4400というのは分解組み立てはひとりで出来ないこともあった。
特に4400はカバーのかみ合わせが昔のブリキのおもちゃより複雑だ。

それで、今日は思い立って1ギガバイトのメモリーを増設した。
なにせ、2年前に買ったこの機種は、フルセット送料無料のキャンペーンで5万円以下に
抑えたので、メモリーは512MBしかなかった。
当時は512MBで1万円くらいの差があったのである。

それが、この前に検索したら1GBで2267円だ(I/O DATA)。これは増設しかあるまい。
しかも、デュアルチャネル対応というのは同構成のメモリーを対で差すと通信帯域が
2倍にアップするという具合である。
今回は元々ついていた512MBと購入分が1MBだから期待はしていなかったが、
メモリー構成が同じICを片方は一面、片方は両面についているだけだから構成の
違いと言うほどのことでは無いのだろう。偶然同期が取れたのか上位互換のシステムに
なっているのかあるいは単にメモリーが増えてハードディスクの動作が減っただけか。
まあ理由はどうでも良いが、気のせいかインターネット接続速度は一気に倍になったようだ。

最近は各サイトが重くなってきているので、なかなか開かなかったが、今では直接ケーブルで
ハブにつないでいるワイフのパソコンとハブと無線LANでつないでいる自分のパソコンとの
速度は変わらない気がする(自分のはCPUが少し速い)。

やはり、メモリーは多いに越したことはないのだろう。価格が買う気になるかどうかだ。
[PR]

by kotendesky | 2009-01-27 21:18 | 冗舌亭日乗


<< 朝青龍に厳重注意      アンドリュー・ワイエスさんが亡... >>