(ときどき)個展deスカイ!

kotendesky.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 30日

2008年もお世話になりました

筆者にとって2008年は意義深い年だった。

5月に一線美術会北海道支部展(市民ギャラリー)に出品した。100号2枚、15号1枚。
6月に豊かなくらしをつくる作品展(市民ギャラリー)で部門最高賞の『れんごう北海道賞』を頂いた。
この賞は一般出品者としては賛助出品者(過去3回以上奨励賞受賞者)を飛び越えての
受賞だった。
9月に恒例となった個展(さっしんギャラリー)を開催した。今年は個展が1回だけ。
不在日があったので多くの大切なお客様とお会いできなかったのが残念。
10月に一線美術会展(一線展)の本展(東京都美術館)に入選した。
同じく10月に道展(北海道美術協会展・市民ギャラリー)に入選した。

このほかに2月と6月にこの指とまれ展をそれぞれホテルポールスター札幌と北海道銀行
札幌駅前支店ギャラリーで開催出品。

一年中を絵の制作と作品展示スケジュールに合わせた生活となった。

慢性的な睡眠不足だが、ともかく健康で絵の制作と日常の仕事にあたれたことが幸いした。
絵の方では、大型キャンバスが上手く貼れるようになったことと大型作品を描くペースがつかめたことが収穫。

他にはアンドリュー・ワイエスの絵に触れたことが大きい。
代表作のひとつ『雪まじりの風』(スミソニアン財団)と福島県立に所蔵される『Pine Baron』(=松ぼっくり男爵)を観ることが出来た。
細かな線描や平滑なジェソ下地など、印刷では表現できない部分やドライブラッシュの実際を学んだ。

蔡國華さんと京橋の金井画廊でお会いした。気さくな人柄でますますファンになった。
深い精神性を内包した作品の一端を理解できたような気がした。

みなさまも佳いお年をお迎えくださいませ。

当初『クリスティーナの世界』とあるのは誤りでした同作品は出品されていません訂正しお詫びします
[PR]

by kotendesky | 2008-12-30 01:40 | (七転八倒)制作記!


<< ことしもよろしくお願い致します      小樽美術館の分厚い塀のこと >>